芸能

グラビア女神「今一番スゴいカラダ」ベスト100(2)爆裂バスト編8位~15位…橋本マナミは「盗み撮り」に挑戦

 創造神がこの世にもたらした最大の芸術品は「女体のフォルム」で間違いなかろう。目を奪われる豊かなバストに悩ましげな腰つき、そしてスラリと伸びた脚‥‥。今、グラビア界で最強のパーツを選定する!(本ランキングはそれぞれのパーツ別に【1】サイズ【2】迫力【3】人気【4】実績【5】話題性などをもとに、「アサ芸シークレット」が独自に算出したものです)

 何はなくとも、Gカップ以上のとんでもない膨らみがあれば、ゴハンの3杯は軽くいけます。そんな爆裂バスト好きのための一大博覧会!

8位・神谷えりな(152センチ B86・W58・H84)

「仮面女子」内の「スチームガールズ」2代目リーダーは、長らく苦しめられた斜視の再手術を成功させ、より前向きにGカップ全開。

9位・RaMu(148センチ B90・W58・H80)

 全体的に平均年齢が上がっているグラビア界において、10代でHカップ、しかも美少女という存在は貴重で、今年の台風の目は確実。

10位・森咲智美(160センチ B89・W58・H88)

 グラドル自画撮り部の総帥・倉持由香がMVPに推したように、見せ方は絶妙。ツイッターのヘッダーは、超巨大な乳房がドドーン!

11位・橋本マナミ(168センチ B86・W62・H88)

 長らく続いた低迷期を脱すると「都合のいい女」キャラでブレイク。最新写真集は「のぞき撮」をモチーフにする攻めっぷりだ。

12位・犬童美乃梨(158センチ B88・W59・H84)

 イメージDVDでは得意のチアリーディングもふんだんに取り入れているが、そこから「反則ボディ」と呼ばれるほどGカップの破壊力。

13位・紺野栞(160センチ B90・W64・H91)

 3月4日にオンエアされた「アド街」は、セクシーな温泉美女が話題だったが、Gカップを横チチで見せて人気急上昇となったのが彼女。

14位・桐山瑠衣(157センチ B104・W61・H94)

 階段から飛んだら、そのままポーンと跳ねてしまうんじゃないかと思える弾力ボディ。Jカップ、そして104センチの強烈な説得力。

15位・和地つかさ(148センチ B90・W62・H82)

 グラビア誌を席捲中の彼女。天木じゅんやRaMuと同じく「身長148センチでも爆列バストぷるる~ん」の最先端トレンドを行く。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚
2
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
3
稲村亜美がガニ股で躍動!ゴルフ動画の“下半身パックリ見え”にファン「感激」
4
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
5
「パラサイト」地上波放送、夫婦の「胸の突起コリコリ」シーンにお茶の間が激怒!