芸能

ビビアン・スーが「抗日映画」に自腹出資

 1990年代後半に、南原清隆、天野ひろゆきとのユニット「ブラックビスケッツ」(以下ブラビ)で人気を博したビビアン・スー(36)。99年の解散後は活動拠点を母国・台湾に移し女優として活動している。昨年からは日本での音楽活動も再開しているものの、ブラビ時代に比べればイマイチ浸透度に欠けているのも事実。
 そんなビビアンの名前が意外なところで話題になっている。今月9日に台湾で封切られた映画「賽徳克巴莱(セデック・バレ)」にメインキャストの一人として出演しているのだが、この映画がなかなか〝クセモノ〟なのだ。
 この映画は、1930年に台湾の先住民族セデック族が日本の統治に抵抗した「霧社事件」を描いた作品。ビビアンが演じるのは、日本人化された先住民族・高山初子(台湾名はオビン・タダオ)。日本側と先住民族側との間の板挟みとなる役柄だ。
 題材が題材だけに、日本人はヒール役として描かれている。4日に現地で開かれたプレミアム試写を観たマスコミ関係者が語る。
「前後篇2時間ずつなのですが、前篇は、先住民族が霧社(村)各地の駐在所や学校で日本人を殺戮する場面がかなりを占める。先住民族が大きなナタで日本人のナマ首を飛ばすシーンも多く出てきます」
 地元台湾では、6月に予告編がYouTubeに登場すると、1週間足らずでアクセス数が60万を超えるなど公開前から注目を集めた。また、現在開催中のベネチア国際映画祭でも上映され、その独創性が称賛されている。
「上映が終わると、約800人の観衆からの拍手がエンドロールまで10分くらい続きました。上映後の拍手は3.5分続けば好評と言えるので、セデック・バレの評価はかなりのものだと見ていいでしょう」(ベネチアで取材している映画ライター)
 一方で、海外メディアからは戦闘シーンの残虐さと長さを指摘する意見も多く、事件の中心人物、モール・ルダオについても「英雄か否か判断がつきかねる」という声が上がっている。
 ビビアンは出演だけでなく、製作費の不足を自腹で補うなど意欲的に参加。それだけに、日本のインターネット上では「日本であれだけ稼いだのに反日映画に肩入れするのか」などといった過剰な反響も見受けられる。台湾在住のジャーナリストが解説する。
「この作品に出演するために他の多くのオファーを断るなど、思い入れが強かったのは事実。ただ、反日的思想からというよりも、彼女の祖母が先住民出身ということもあって、若い世代に先住民の歴史を知ってもらいたいという気持ちが強かったようです」
 本作以外にも今年は、ラブコメディや時代劇アクションなど、これまでのイメージとはガラリと変わった分野に挑戦することが決まっているビビアン。〝抗日〟映画出演も、仕事の幅を広げるという意図なのか。

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆、“ヒップ誘惑”&“パン線”披露!インスタ写真が物語る「意気込み」
2
「Fバスト」高梨瑞樹、“マッパ&エプロンでポトフ作り”動画に艶ワード連想声
3
透けてる?吉岡里帆、ヒップ突き出し“ピタピタドレス姿”にファンがクギ付け!
4
「ハコヅメ」永野芽郁のバスト感触をガッツリ味わった俳優に羨望の声!
5
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ