政治

野田総理で庶民は「大増税地獄」(6)「野田親衛隊」蓮舫行政刷新相を一刀両断 「仕分けなんて財務省に踊らされているだけだ」

「野田親衛隊」蓮舫行政刷新相を一刀両断「仕分けなんて財務省に踊らされているだけだ」 大増税路線を走りだした野田政権に必要不可欠なのが、行政刷新相に返り咲いた蓮舫氏(43)のパフォーマンス。初当選直後から行動を共にし、野田グループの主要メンバーにして、「野田氏には総理として働いてもらいたいとずっと思っていた」と心酔する、「野田命」の親衛隊である。総理にならって増税を正当化する重要閣僚を、政治評論家の本澤二郎氏が徹底批判した。

「蓮舫氏が派手に繰り広げた、あの事業仕分け。各省庁の予算のムダを指摘した彼女はなかなかやるじゃないかと受け止めた有権者は多かったはずです。しかし仕分けの材料は、実は財務省が全てお膳立てしたものでした。それを知ってか知らずか、メディアはおだてすぎです」
 まずは仕分けの舞台裏を明かしたうえで、本澤氏はこう断じた。
 仕分けがスタートした一昨年は、9日間にわたった作業によって次世代スーパーコンピュータの開発費(268億円)などが見直された。「これ、1位になる理由は何があるんでしょう。2位じゃダメなんでしょうか」と詰め寄ったあのセリフは、もはや政治史に残る大放言と言っていい。
「昨年の予算概算要求で、削減額は1兆8000億円に上るとされていますが、全額削減されたわけではなく、何が重要で何を削るかは総理の政治判断にかかっている。結局、削減額は約6700億円にとどまった模様です」(政治部記者)
 とはいえ、テレビ放映もされた仕分け作業は迫力満点。民主党の意欲に感心した有権者も少なくなかったはずだ。
 しかし本澤氏は、「埋蔵金に大ナタを振るったわけではなく、予算の本丸、特別会計にはまるで手をつけなかった。ちまちました話ばかりで、お粗末な結果しか出せなかった。それなのに、『これだけやったから増税します』では国民は納得しない。結局、蓮舫氏は財務省の手のひらで踊らされているにすぎません。彼女の政治的能力など、その程度のものなんですよ」
 子ども手当や高校無償化など、民主党が公約したマニフェストは軒並み白紙に戻るというのに、増税だけはするでは、国民の不満は募るばかりだ。これではインチキ公約で国民をダマし、政権を奪取したと罵られてもしかたあるまい。
「雇用は、きわめて不安定で収入は減るばかり。国民がこれだけアエいでいるのに、役人や国会議員の賃金はバブル時代の全盛期にあった中曾根時代とほとんど変わっていません。増税というなら、まず役人、国会議員の定数や賃金を半分にしてからにすべきです。自分たちの身分には一切、手をつけず、国民にだけ負担を強いるとは何事か」(本澤氏)
 議員歳費に加え、秘書の給与、交通費、事務所経費などを入れると、国会議員1人につき、年間約1億円はかかるという。
「松下政経塾出身の野田総理は口が達者だが、政治家は口舌の徒ではダメです。国民は蓮舫氏のあのパフォーマンスに絶対、ダマされてはいけない」(本澤氏)

カテゴリー: 政治   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し