スポーツ

伝説の引き分けの舞台裏!(5)競馬 10年オークス 史上初「GⅠ同着1位」決定直後に大怒号 「ダイワとウオッカも同着でいいだろッ」

「ハナ差」「クビ差」など、その接戦ぶりを独自の表現で表す競馬レースの世界。まったく同じ着差/着順のことは「同着」と呼ぶ。史上初のGⅠ同着となったアパパネ&サンテミリオン。昨年オークスの現場にもいた、文筆家の島田明宏氏(46)が検量室での一幕を語る。


 接戦のことを「デッドヒート」と言いますが、これはそもそも競馬用語なんです。英米では競馬の同着の意味に当たります。実はゴール前の接戦は競馬の専売特許のようなもので、これには馬という動物の習性が関係しています。馬は捕食動物から逃げるもの。それも群れ(集団)で逃げます。競馬は最大18頭で競走しますが、先頭の馬が並んで走っていくことは、実はわりと普通のこと。ですから競馬の趣意は、むしろ「常に接戦になるから馬にレースをさせるとおもしろいね」ということかもしれません。
 昨年5月のオークスでは、サンテミリオンを桜花賞馬のアパパネが鋭く追い込み、写真判定に。12分待たされたあと、なんと同着で確定しました。私は、あのレースが行われた東京競馬場の検量室の前にいましたが、JRAの職員が着順を示すホワイトボードに「同着」と書き込んだ瞬間にどよめきが上がりましたね。と同時に、期せずして、厩舎関係者か報道陣からか、「だったらダイワスカーレットとウオッカも同着でいいじゃないか!」という叫びが聞こえました。
 というのは、これまた競馬史上屈指の名勝負と呼ばれている08年の秋の天皇賞のことを誰もが思い出していたからです。出走全17頭が重賞ウイナーという好メンバーから、ダイワスカーレット(安藤勝騎手)が逃げ、直線はライバル・ウオッカ(武豊騎手)がぐんぐんと追い込む一騎打ち。レコード決着となった名手同士のハイレベルのレースは、ウオッカが2㌢だけ差し切っていた。騎手が一流だと名勝負の純度が高まります。
 あのレースもやはり長い写真判定になりましたが、両馬とも人気があったし、「これだけの名勝負は同着でもいいんじゃないか?」という空気が確かに流れていたんです。けれども決着をつけた。だから「やっぱりGⅠは同着ナシなんだな」と納得したのも事実。
 しかし、オークス以降、GⅠの1着同着が解禁‥‥となったかどうかわかりませんが、僕としてはまた起こってほしいですね。「我が最高の同着を持っていること」が競馬ファンの醍醐味でもあると思いますから。
 私の場合は、タマモクロスとダイナカーペンターが1着同着した88年の阪神大賞典こそが「我が最高の引き分け」。のちに世間を揺るがせるタマモクロスVSオグリキャップの伝説の芦毛決戦が起こるわけですが、あのタマモの追い込みが2着だと判定されていたら、タマモクロスの連勝街道がとぎれ、競馬ブームは起こらなかったとすら思います。
 ええ、当時の私はタマモクロスの大ファンでした。助かった〜と、馬券と拳を握りましたよ(笑)。

カテゴリー: スポーツ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
動画で「加工疑惑」払拭!「元ブルゾンちえみ」藤原詩織がやせて美的に大進化
2
NHK赤木野々花が“タオル回し”で発揮した“放送事故”級「Fバスト弾み揺れ」
3
フジ堤礼実“肌着のヒモ見え”だけで大騒ぎになった人気と“期待値”
4
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
5
田中圭&武田玲奈「ボートレース」CM炎上も「指摘する人は欲求不満!?」の声