芸能

熱闘!春の選抜「爆裂バスト甲子園(関東ブロック)群馬に誕生した「井森美幸以来の逸材」

 3月23日に開幕した春のセンバツ高校野球。地元チームの応援は野球ファンに任せ、グラドルファンは「オラが町の爆裂バストアイドル」にエールを送ってみてはどうだろうか。

 あまたいるグラドルの出身地を片っ端からチェックして、全国47都道県の「爆裂バスト代表」を決定したのは、グラビア誌「アサ芸Secret!」。関東平野は全国屈指の激戦区となったが、首都圏の意地を全身でアピールして代表の座に就いたのは以下の面々だ。

茨城代表

磯山さやか(155センチ B88・W60・H86)

野球に精通する女性タレントとしても、茨城をこよなく愛するタレントとしても、いそっちほど認知されるケースは今後もなさそう。

栃木代表

和地つかさ(148センチ B90・W62・H82)

一昨年夏の高校野球は栃木代表の作新学院が制覇したが、わがことのように喜んだ和地が勢いにあやかり、グラビア界の頂点を目指す。

群馬代表

都丸紗也華(157センチ B88・W60・H84)

群馬が生んだアイドルとしては、あの井森美幸以来の大当たりだろう。都丸という珍しい苗字も、いかにも地域性を感じさせる。

埼玉代表

RaMu(148センチ B90・W58・H80)

埼玉のグラドル界は“まな板大国”と揶揄されてきたが、そんな汚名を返上したのがRaMu。高校生時代からVineの教祖に君臨し、今またGカップで全国の頂点へ。

千葉代表

柳瀬早紀(152センチ B100・W65・H89)

千葉産のピーナツが発育を促進するのか、小島瑠璃子、染谷有香、野々宮ミカ、倉持由香らとの激闘を制し、やなパイが県の代表に。

東京代表

忍野さら(164センチ B91・W57・H81)

清楚な顔立ちに妖艶な体つき、そしてオシャレなセンスは、まさしく地方の男たちがイメージする「東京のお姉さん」そのもの。

篠崎愛(160センチ B87・W60・H88)

全国の地方出身者が東京にあこがれたように、グラビア志望の少女たちにとって篠崎愛のボディは、まさしく「大都会」レベルだった。

神奈川代表

今野杏南(156センチ B86・W59・H83)

ハイパーボディが居並ぶ関東決戦だが、締めくくるのはFカップの美しいバストを誇る今野杏南。グラビア伝統の地の威厳を死守している。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ヤクルト・高津臣吾監督が頭を悩ます山田哲人「年俸5億円の大スランプ」と「三塁コンバート」
2
ロッテ・佐々木朗希「日本ハムに3対1の電撃トレード」謎の投稿が激論に!【2024年5月BEST】
3
【不可解】メッツ・藤浪晋太郎バッチリ投げているのに「60日間の負傷者リスト入り」の手切れ金放出
4
アメリカで今も大真面目に議論される「知的生物ヒト型爬虫類」が人間をマインドコントロール説
5
JR「青春18きっぷ」に異常事態!夏の発売が危うい「リミット」は6月20日