芸能

熱闘!春の選抜「爆裂バスト甲子園(関東ブロック)群馬に誕生した「井森美幸以来の逸材」

 3月23日に開幕した春のセンバツ高校野球。地元チームの応援は野球ファンに任せ、グラドルファンは「オラが町の爆裂バストアイドル」にエールを送ってみてはどうだろうか。

 あまたいるグラドルの出身地を片っ端からチェックして、全国47都道県の「爆裂バスト代表」を決定したのは、グラビア誌「アサ芸Secret!」。関東平野は全国屈指の激戦区となったが、首都圏の意地を全身でアピールして代表の座に就いたのは以下の面々だ。

茨城代表

磯山さやか(155センチ B88・W60・H86)

野球に精通する女性タレントとしても、茨城をこよなく愛するタレントとしても、いそっちほど認知されるケースは今後もなさそう。

栃木代表

和地つかさ(148センチ B90・W62・H82)

一昨年夏の高校野球は栃木代表の作新学院が制覇したが、わがことのように喜んだ和地が勢いにあやかり、グラビア界の頂点を目指す。

群馬代表

都丸紗也華(157センチ B88・W60・H84)

群馬が生んだアイドルとしては、あの井森美幸以来の大当たりだろう。都丸という珍しい苗字も、いかにも地域性を感じさせる。

埼玉代表

RaMu(148センチ B90・W58・H80)

埼玉のグラドル界は“まな板大国”と揶揄されてきたが、そんな汚名を返上したのがRaMu。高校生時代からVineの教祖に君臨し、今またGカップで全国の頂点へ。

千葉代表

柳瀬早紀(152センチ B100・W65・H89)

千葉産のピーナツが発育を促進するのか、小島瑠璃子、染谷有香、野々宮ミカ、倉持由香らとの激闘を制し、やなパイが県の代表に。

東京代表

忍野さら(164センチ B91・W57・H81)

清楚な顔立ちに妖艶な体つき、そしてオシャレなセンスは、まさしく地方の男たちがイメージする「東京のお姉さん」そのもの。

篠崎愛(160センチ B87・W60・H88)

全国の地方出身者が東京にあこがれたように、グラビア志望の少女たちにとって篠崎愛のボディは、まさしく「大都会」レベルだった。

神奈川代表

今野杏南(156センチ B86・W59・H83)

ハイパーボディが居並ぶ関東決戦だが、締めくくるのはFカップの美しいバストを誇る今野杏南。グラビア伝統の地の威厳を死守している。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
お嬢様アナ奔放下半身(4)野村彩也子、バストを武器に萬斎の威光も不要?
2
お嬢様アナ奔放下半身(2)日テレ岩田絵里奈はよつんばい挑発で猛アピール!
3
橋本愛が“初夜シーン”巡り謝罪?「青天を衝け」ごっそりカットに呆れた声
4
お嬢様アナ奔放下半身(3)秋元優里、“竹林不貞”からの「復活」
5
テレ東・西野志海“プニプニDカップ”で苦悶の表情…NYからの猛烈アピール