芸能

「この世界の片隅に」ドラマ化の裏で囁かれる“のん”抹消計画

 昨年、アニメ映画化されロングランヒットした「この世界の片隅に」が、連続ドラマとして今夏に実写化される。ネットでは主演にのんを希望する声が多く上がっているという。

「まだ放送局やキャストが発表されていないため、ネットではアニメ映画で声優を務めたのんを主演に推す声が圧倒的多数を占めています。中には原作の素朴なイメージから、黒木華や杉咲花の名を上げるファンもいるんですが、もし今の状況で、のん以外が選ばれた場合、その女優には辛辣な意見が集まりそうな勢いです」(テレビ誌記者)

 だが、その一方で、原作には「すずさんはこまい(小さい)のう」というセリフがあるため「身長164センチの“のん”では高すぎる」という意見や、事務所を独立したことで「業界への忖度から起用はありえない」と、現実問題としてドラマへの出演は難しいとの見方もある。それどころか、今回のドラマ化は彼女の存在を抹消するためという噂まであるようだ。

「過去、紅白歌合戦などで『あまちゃん』(NHK)の資料映像が流れる場面がありましたが、のんは主演にもかかわらず1カットも使われておらず、彼女の存在を消すために明らかに不自然な力が働いていると話題になりました。そんな中、最近では、のんが映画で主演を務めた『海月姫』がフジでドラマ化され、視聴率こそ爆死したものの、ネットでは若年層から強い支持を受けていました」(前出・テレビ誌記者)

 そして今や「海月姫」=「芳根京子×瀬戸康史」というイメージが定着したともいうのだ。

「そのため、『この世界の──』の連ドラ化計画も、あえて別の女優を起用して、世間の“のん”のイメージを薄めさせるために企画されたのではないかとさえ、一部で囁かれているんです」(前出・テレビ誌記者)

 他の女優にはない透明感を放ち、今でも多くのファンを持つ、のん。今後、彼女が表舞台に戻る日は、やってくるのだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ渡邊渚、G…いやHカップ!?ニットバストで「デカすぎ!」の衝撃
2
唐橋ユミ、バストが重すぎ?生放送中に“肌着ズレ”スタッフ慌てた事故映像
3
熊田曜子、「“大人の夜の玩具”使用疑惑」でSNSに“下世話コメ”殺到の地獄絵図!
4
フジ渡邊渚、待望の「Gカップ“たゆんたゆん”新動画」にファン歓喜!
5
西内まりや、「全裸監督2」グラインド騎乗シーン映像で飛び交う期待と不安の声