政治

“無責任ファースト”安倍昭恵をさっさと国会に引きずり出せ(3)泥酔して市長に「しゃべりすぎ~」

 その一端として居酒屋やゲストハウスの経営を始める一方、16年夏には政府への抗議活動で緊迫する、沖縄の現場を電撃訪問。

「安倍総理にも知らせずに来たんです。参加者から怒号が飛び交い、10分ほどでその場を去りました」(地元記者)

 この時にエスコートしたのが、16年の参院選に立候補し、安倍政権を批判した歌手の三宅洋平(39)だ。

「昭恵夫人は『私を利用して』というのが口癖で、相手の立場に関係なく誰でも受け入れるタイプ。『総理夫人』の肩書に引かれていろいろな人が近寄ってきても、一緒に飲んだらすぐに仲よくなっちゃう。本人はワイン好きだけど強くはないので、あまり宴席の会話は覚えていないかも。以前、飲み会にとある市長がいて熱心に市政の未来を語っていたのですが、酔っ払っていた昭恵夫人は急に立ち上がって、『しゃべりすぎ~』と言って帰ったこともありました」(昭恵氏を知る男性)

 イベントや飲み会で気軽に名刺交換をして“お友達”を作ってきた昭恵氏だが、昨年末にはお酒が原因で安倍総理に怒られたこともあった。

「議員関係者もいる宴席に昭恵夫人も参加していたんです。そしたらベロベロに酔っ払ってしまい、その時の様子があっという間に永田町に広まったんです。安倍総理の耳にも入り、『ちょっとは時期を考えてくれ』と注意されたそうです」(政治部記者)

 15年にはバーで、ギタリストの布袋寅泰と酔ったあげく、首筋にキスするなど大トラぶりを発揮する奔放行状は、語りぐさとなっているほどだ。

 それだけではない。昭恵氏といえば、スピリチュアル好きとしても知られている。約7年前には「水は人間の気持ちを受け取れる」と主張した「水の波動」理論で知られる故・江本勝氏の思想に共感し、どっぷりハマっていた時期も。ここ数年は「医療用」や「祈祷用」の大麻解禁運動にも積極的で、「週刊現代」の16年11月12日号で小池百合子都知事(65)と対談した際は、

〈「日本を取り戻す」ことは「大麻を取り戻す」ことだと思っています〉

 と言って、小池氏を仰天させている。だが、昭恵氏の思いとは裏腹に、「大麻人脈」から逮捕者も続出。

「16年10月に、自身のSNSなどで支援していた大麻加工会社の代表が大麻取締法違反で逮捕。同時期に親交が深かった元女優の高樹沙耶(54)も大麻を隠し持ったとして逮捕されています」(前出・政治部記者)

 医療用大麻解禁に熱心な関係者との接触や森友学園問題など、昭恵氏にはなにかと「うさんくさい人脈」がつきまとうのだ。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「バス旅Z」最新回!?田中要次&羽田圭介“ロケ目撃情報”
2
「Gバスト」森咲智美、激艶ソロキャンプ動画に「違うカップを想像」声とは?
3
白石麻衣 ケーキ実食「放送事故」で見せた「裏の顔」
4
伊藤健太郎「ガールズバー泥酔大放言」を実況
5
和久田麻由子“独り生活”の淋しさが溢れ出る?ただ今フェロモン大放出中!