政治

“無責任ファースト”安倍昭恵をさっさと国会に引きずり出せ(3)泥酔して市長に「しゃべりすぎ~」

 その一端として居酒屋やゲストハウスの経営を始める一方、16年夏には政府への抗議活動で緊迫する、沖縄の現場を電撃訪問。

「安倍総理にも知らせずに来たんです。参加者から怒号が飛び交い、10分ほどでその場を去りました」(地元記者)

 この時にエスコートしたのが、16年の参院選に立候補し、安倍政権を批判した歌手の三宅洋平(39)だ。

「昭恵夫人は『私を利用して』というのが口癖で、相手の立場に関係なく誰でも受け入れるタイプ。『総理夫人』の肩書に引かれていろいろな人が近寄ってきても、一緒に飲んだらすぐに仲よくなっちゃう。本人はワイン好きだけど強くはないので、あまり宴席の会話は覚えていないかも。以前、飲み会にとある市長がいて熱心に市政の未来を語っていたのですが、酔っ払っていた昭恵夫人は急に立ち上がって、『しゃべりすぎ~』と言って帰ったこともありました」(昭恵氏を知る男性)

 イベントや飲み会で気軽に名刺交換をして“お友達”を作ってきた昭恵氏だが、昨年末にはお酒が原因で安倍総理に怒られたこともあった。

「議員関係者もいる宴席に昭恵夫人も参加していたんです。そしたらベロベロに酔っ払ってしまい、その時の様子があっという間に永田町に広まったんです。安倍総理の耳にも入り、『ちょっとは時期を考えてくれ』と注意されたそうです」(政治部記者)

 15年にはバーで、ギタリストの布袋寅泰と酔ったあげく、首筋にキスするなど大トラぶりを発揮する奔放行状は、語りぐさとなっているほどだ。

 それだけではない。昭恵氏といえば、スピリチュアル好きとしても知られている。約7年前には「水は人間の気持ちを受け取れる」と主張した「水の波動」理論で知られる故・江本勝氏の思想に共感し、どっぷりハマっていた時期も。ここ数年は「医療用」や「祈祷用」の大麻解禁運動にも積極的で、「週刊現代」の16年11月12日号で小池百合子都知事(65)と対談した際は、

〈「日本を取り戻す」ことは「大麻を取り戻す」ことだと思っています〉

 と言って、小池氏を仰天させている。だが、昭恵氏の思いとは裏腹に、「大麻人脈」から逮捕者も続出。

「16年10月に、自身のSNSなどで支援していた大麻加工会社の代表が大麻取締法違反で逮捕。同時期に親交が深かった元女優の高樹沙耶(54)も大麻を隠し持ったとして逮捕されています」(前出・政治部記者)

 医療用大麻解禁に熱心な関係者との接触や森友学園問題など、昭恵氏にはなにかと「うさんくさい人脈」がつきまとうのだ。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
4
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
5
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!