社会

健康長寿県に学ぶギラギラ中高年の作られ方(2)「海なし県」を支える魚介類

 山梨県は言わずと知れたぶどうの産地。生産量、消費量とも、2位に大差をつけての全国1位で、ワインの消費量も全国1位である。

「ぶどうには、強い抗酸化力を持つアントシアニンやレスベラトロールなどのポリフェノールをはじめ、ミネラル類、有機酸などさまざまな有効成分が豊富に含まれている。中でもポリフェノールの一種のレスベラトロールが細胞の老化の原因になる活性酸素を取り除いてくれ、長寿遺伝子を活性化させて寿命を延ばすんです。しかも食品に含まれているビタミン、ミネラル、ポリフェノールなどは通常、人体に30~40%しか吸収されないのですが、ワインに含まれているこれらの成分は100%吸収される。毎日適度のワインは健康寿命を延ばすんです」(永山氏)

 さらに甲州の健康寿命ナンバーワンを支えているのは、「海なし県」にあって、なんと魚介類だった。山梨県の1世帯当たりのアサリの消費量は日本一。全国平均の倍なのだ。貝類全体の購入量でも全国4位(4603グラム)につけている(総務省統計局の家計調査)。

 山梨県で貝といえば「煮貝」。駿河湾で獲れたアワビを加工し、醬油漬けにして木の樽に入れ、馬の背に乗せて甲斐に運んだところ、馬の体温と振動によって醬油がアワビに程よく染み込み、甲府に着く頃にはちょうどいい味に仕上がったのが由来だそうだ。材料を、アワビと同じミミガイ科で廉価なトコブシに換えたものでも栄養価は高い。

「これらの貝類にはビタミンB群やタンパク質、亜鉛やカルシウムといったミネラルがバランスよく含まれていますが、何といっても豊富に含まれているタウリンです。含硫アミノ酸の一種で胆汁酸やインスリンの分泌促進作用、血圧を正常に保つ作用、血中の悪玉コレステロールを下げて善玉コレステロールを増やす作用、心筋の働きを正常に保つ作用などがあります。低カロリー、高タンパクな食材です」(永山氏)

 そして山梨県は干しアジの消費金額で静岡県に次いで2位と、干物の消費量も多い。海がない分、干物に頼るのはわかるが、これもまた長寿食だった。

「干物、特にアジは干物にすると、アミノ酸などのうまみ成分が生成される。さらに、ビタミンやミネラルなどの栄養素が濃縮され、タンパク質や脂肪が鮮魚の時より、2倍以上に増える。また、干物にする際に天然塩を使って干すので、アジの水分が中に閉じ込められ、生の魚を焼いた時よりもおいしくなるうえ、保存が利く。健康長寿には理由があるのです」

(永山氏)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!
5
後輩芸人に弱気発言も…石橋貴明の“凋落の現場”をスクープ詳報!