社会

健康長寿県に学ぶギラギラ中高年の作られ方(2)「海なし県」を支える魚介類

 山梨県は言わずと知れたぶどうの産地。生産量、消費量とも、2位に大差をつけての全国1位で、ワインの消費量も全国1位である。

「ぶどうには、強い抗酸化力を持つアントシアニンやレスベラトロールなどのポリフェノールをはじめ、ミネラル類、有機酸などさまざまな有効成分が豊富に含まれている。中でもポリフェノールの一種のレスベラトロールが細胞の老化の原因になる活性酸素を取り除いてくれ、長寿遺伝子を活性化させて寿命を延ばすんです。しかも食品に含まれているビタミン、ミネラル、ポリフェノールなどは通常、人体に30~40%しか吸収されないのですが、ワインに含まれているこれらの成分は100%吸収される。毎日適度のワインは健康寿命を延ばすんです」(永山氏)

 さらに甲州の健康寿命ナンバーワンを支えているのは、「海なし県」にあって、なんと魚介類だった。山梨県の1世帯当たりのアサリの消費量は日本一。全国平均の倍なのだ。貝類全体の購入量でも全国4位(4603グラム)につけている(総務省統計局の家計調査)。

 山梨県で貝といえば「煮貝」。駿河湾で獲れたアワビを加工し、醬油漬けにして木の樽に入れ、馬の背に乗せて甲斐に運んだところ、馬の体温と振動によって醬油がアワビに程よく染み込み、甲府に着く頃にはちょうどいい味に仕上がったのが由来だそうだ。材料を、アワビと同じミミガイ科で廉価なトコブシに換えたものでも栄養価は高い。

「これらの貝類にはビタミンB群やタンパク質、亜鉛やカルシウムといったミネラルがバランスよく含まれていますが、何といっても豊富に含まれているタウリンです。含硫アミノ酸の一種で胆汁酸やインスリンの分泌促進作用、血圧を正常に保つ作用、血中の悪玉コレステロールを下げて善玉コレステロールを増やす作用、心筋の働きを正常に保つ作用などがあります。低カロリー、高タンパクな食材です」(永山氏)

 そして山梨県は干しアジの消費金額で静岡県に次いで2位と、干物の消費量も多い。海がない分、干物に頼るのはわかるが、これもまた長寿食だった。

「干物、特にアジは干物にすると、アミノ酸などのうまみ成分が生成される。さらに、ビタミンやミネラルなどの栄養素が濃縮され、タンパク質や脂肪が鮮魚の時より、2倍以上に増える。また、干物にする際に天然塩を使って干すので、アジの水分が中に閉じ込められ、生の魚を焼いた時よりもおいしくなるうえ、保存が利く。健康長寿には理由があるのです」

(永山氏)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化