社会

高額お宝グッズを闇転売する盗っ人中国人を撲滅せよ!(2)転売は「図太い」中国人向け

 フザけた中国人の無法ぶりは、これだけにとどまらない。すでに、日本国内でも野蛮な転売屋グループと転売を防ぎたい店側との間で、仁義なきバトルすら起きているのをご存じか。

 今年3月、多くの芸能人が愛用している人気ファッションブランド「Supreme(シュプリーム)」の都内店舗で、限定スニーカーが発売された。前日から長蛇の列を作っていると、突然、先頭に並んでいた外国人グループが店側の警備員1人を取り囲み、大声で恫喝しながらパイプ椅子や傘でリンチしたのだ。現場を目撃していた男性はこう振り返る。

「未成年者が徹夜で並ぶのを防ぐため、ID(身分証)チェックを求めたら、転売グループがIDを使い回していたことが発覚。それを注意したら逆ギレしてボコボコにされてしまった。報道では中国人グループと言われていますが、暴行したのは韓国人グループ。ただ、これまでもシュプリームでは、プレミアTシャツなど限定商品が発売されるたびに中国人、韓国人グループが押し寄せ、店側の警備員とモメていました。行列に並ぶ時は店側が決めたルールがあって、従わなかった転売屋グループが行列から外されることがあった。そうした不満が爆発して暴行事件につながったんです。店側は本当に好きなファンに定価で買ってほしいから、転売屋に厳しい目を向けているだけなのですが‥‥」

 もはや砂糖に群がるアリのように、中国人の転売屋は日本に目をつけ、甘い汁を次々とすすっているのである。

 当然、転売されるブランドショップ側も黙って見過ごしているわけではない。しかし、こうした店側の願いもむなしく、転売されたシュプリームのスニーカーやダウンジャケットは5倍以上の高値で取り引きされることもあり、中国人の懐に札束が舞い込んでいるのだ。

 ここまでくると、フェアプレーの精神というのは、中国の辞書には存在しないようである。誤解を恐れずに言えば、「こんな不良はさっさと日本から出て行け」というのが本音だろう。

 中国人グループの看過できない、横暴な転売ビジネスは4、5年前から目立ち始め、横行するようになったと、吉岡氏は言う。

「中国人留学生の増加や訪日客が『爆買い』するようになった時期に、中国人の転売グループの動きも活発になりました。その頃に人気だったのは紙おむつや粉ミルク、化粧品などの生活用品です。ドラッグストアの前に停車したハイエースに、中国人が大量に購入した商品を押し込む光景が見られました。メイド・イン・ジャパンは品質がよく、中国のネット通販サイトで飛ぶように売れる。転売は金になると気づき、今度は秋葉原で人気のフィギュアやブランドの限定品に目をつけ、買い占めるようになったのです」

 転売ビジネスは図太くてたくましい中国人の「流儀」にも合ったようだ。

「人気化粧品で1人1個と決められた限定品が販売された時、中国人の転売屋グループは購入したのに再び行列の最後尾に並びました。店員に『先ほど購入しましたよね?』と注意されても、『ワタシジャナイ、シラナイ』と大声を上げ、困った店員はしぶしぶ販売していましたね」(前出・吉岡氏)

 そのツラの皮の厚さは、日本人の転売屋にはとうていマネできないという。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「登場人物がほぼ全員不快」の声も!「けもなれ」、脱落視聴者が続出した“理由”
2
視聴率も微妙!「下町ロケット」に視聴者から批判が殺到しているワケ
3
消えた芸人・キンコン梶原がユーチューバーデビューも“致命的弱点”が発覚!
4
GACKTの「暴れん坊」はやはりデカい!?寝起き写真でバレた“馬並みのお宝”
5
「39歳」小西真奈美の胸がまさかの“急成長”!スレンダー美女に何が起きた?