芸能

お願いしたい!? 波瑠、過去ドラマ“ワリキリ交際したい”発言に男たち大興奮

 現在のキャラとのとてつもないギャップに大きな衝撃を与えたようだ。

 4月19日にスタートするドラマ「未解決の女・警視庁文書捜査官」(テレビ朝日系)で主演を務める波瑠が、4月16日に放送された同局のバラエティ番組「帰れマンデー見っけ隊!!」の企画「帰れま10」に出演した。同企画は飲食店の人気メニュートップ10当てに挑むという人気企画だが、この日、波瑠はNHK朝ドラ「あさが来た」出演時の裏話を披露している。さらに番組では波瑠のデビュー当時は「ケバく悪態つく役が多かった」と紹介し、09年放送のドラマ『ゴーストタウンの花』(テレ朝系)で、当時17歳の波瑠がギャル系の女子高生を演じていた時の映像を公開。映像で波瑠が現在とは正反対のケバいメイクをしていることもものすごいギャップだが、それに加えて、

「あぁ~エンコーやりてぇ~」

 と、叫び、男性と金銭を伴う割り切った関係を持ちたいという意志を示すシーンもあり、これには共演者からも驚きの声が上がっていた。この過去映像には波瑠自身も恥ずかしそうな表情を見せていたが、当時は中絶する役や、若くして妊娠してしまうギャルの役などにキャスティングされることが多かったことを説明していた。

 単にドラマでのセリフなのだが、まさかのハレンチ発言が波瑠から飛び出したことに男性視聴者は過敏に反応しており、「こんな大胆なこと言ってたのか」「これはいいおかずになるな」「ギャルの波瑠ちゃんに踏んづけてもらいたい」「むしろいくらならお願いできますか」など、興奮気味なコメントが連打されている。

「朝ドラでブレイクしてからの波瑠しか知らない人にとっては衝撃的な映像に感じてしまうのも仕方ないことでしょう。それに、今回紹介された映像ほどではないものの、波瑠は女性誌『Seventeen』で専属モデルを務めていた当時は、映像作品の役柄に限らず、プライベートも清楚系というよりはギャル系要素の方が強かった。それだけにプライベートでもそういった発言をしてそうなリアルな感じがあるのも興奮ポイントですよね」(エンタメ誌ライター)

 波瑠にとってはギャル時代は黒歴史認定されているかもしれないが、ファンにとっては“ご褒美”であることは間違いなし。ぜひともプライベートでの過激エピソードも明かしてほしいものだ。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
菅野美穂、「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に続々不評の「イタいポイント」