エンタメ

「作者が書類送検」るろうに剣心の連載再開に“儲かるのが正義か”異議続々!

 作品には罪がない。こんなひと言が、熱烈ファンや版元側のタテマエ?

 昨年11月、小学生ら児童のいかがわしい写真などを保持していたことで書類送検された、人気コミック「るろうに剣心」の作者・和月伸宏氏。事件を受け、ジャンプスクエア(集英社)に連載中だった「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-」は連載休止に。一部に惜しむ声がある中、このまま連載終了の噂も流れていた。しかしこの4月23日、編集部が6月4日発売のジャンプスクエア7月号から「北海道編」の連載を再開すると発表。このニュースに、ネット上でも複雑な声が飛び交っている。

「未成年を対象としたいかがわしい写真やDVDの保持が取り沙汰されると、和月氏本人は12歳~14歳が好きでたまらないと、ちょっとツッコミようのない不道徳な嗜好を告白。るろうにファンだけでなく、世間も大いに驚かせました。ですから、すぐの復帰は難しいという印象でしたね。それがたったの半年での復帰報道ですから賛否が出るのも当然でしょう。集英社側は『作家は現在も反省と悔悟の日々を送っております』とコメントを出し、世間の許しを請う形を取っていますが、ネット上でも批判されている“人気コンテンツゆえの優遇”という批判はもっともな気がします」(エンタメ誌記者)

 賛否飛び交うネット上を見ていくと、復活を喜ぶ人たちからは「作品には罪がない」「性的嗜好は人それぞれ」「少女に手を出したわけじゃない」「汚名返上のつもりで頑張ってください」という擁護の声がある一方で、「女の子に手を出したわけじゃなくても、写真やDVDの少女は絶対に被害者なんだから」と、罪を許さないという強い声をはじめとして、「再開されても心の準備ができてない」「映画化とかいろいろ中断されて困ってただけでしょ?」「儲かるは正義。作者も出版社もクソだな」など、再開後もしばらくは賛否があふれそうなムードが漂っている。

 児童ポルノの問題はもちろん、官僚の辞意を誘発した問題など、日本は女性に対してハラスメント大国と世界中で報道されている中、人気コミックの早々の復帰をどれだけ世間が歓迎してくれるのか、ぜひ注目していきたい。

(小机かをる)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大きさに戸惑う声も!藤田ニコル、「背泳ぎプカプカ」バスト動画が艶すぎるッ
2
アンダーウェアで外出か!?男子を騒然とさせたマギーのデート写真
3
石原さとみ、「お団子ヘア」が発端で浮上した「脱毛に関する疑惑」
4
「帰れ!」巨人・原監督が坂本勇人に激怒した“1打席で強制帰宅”の裏
5
さらば森田「ギャラ未払いの超人気バラエティ番組」告発で飛び交う憶測!