エンタメ

「作者が書類送検」るろうに剣心の連載再開に“儲かるのが正義か”異議続々!

 作品には罪がない。こんなひと言が、熱烈ファンや版元側のタテマエ?

 昨年11月、小学生ら児童のいかがわしい写真などを保持していたことで書類送検された、人気コミック「るろうに剣心」の作者・和月伸宏氏。事件を受け、ジャンプスクエア(集英社)に連載中だった「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-」は連載休止に。一部に惜しむ声がある中、このまま連載終了の噂も流れていた。しかしこの4月23日、編集部が6月4日発売のジャンプスクエア7月号から「北海道編」の連載を再開すると発表。このニュースに、ネット上でも複雑な声が飛び交っている。

「未成年を対象としたいかがわしい写真やDVDの保持が取り沙汰されると、和月氏本人は12歳~14歳が好きでたまらないと、ちょっとツッコミようのない不道徳な嗜好を告白。るろうにファンだけでなく、世間も大いに驚かせました。ですから、すぐの復帰は難しいという印象でしたね。それがたったの半年での復帰報道ですから賛否が出るのも当然でしょう。集英社側は『作家は現在も反省と悔悟の日々を送っております』とコメントを出し、世間の許しを請う形を取っていますが、ネット上でも批判されている“人気コンテンツゆえの優遇”という批判はもっともな気がします」(エンタメ誌記者)

 賛否飛び交うネット上を見ていくと、復活を喜ぶ人たちからは「作品には罪がない」「性的嗜好は人それぞれ」「少女に手を出したわけじゃない」「汚名返上のつもりで頑張ってください」という擁護の声がある一方で、「女の子に手を出したわけじゃなくても、写真やDVDの少女は絶対に被害者なんだから」と、罪を許さないという強い声をはじめとして、「再開されても心の準備ができてない」「映画化とかいろいろ中断されて困ってただけでしょ?」「儲かるは正義。作者も出版社もクソだな」など、再開後もしばらくは賛否があふれそうなムードが漂っている。

 児童ポルノの問題はもちろん、官僚の辞意を誘発した問題など、日本は女性に対してハラスメント大国と世界中で報道されている中、人気コミックの早々の復帰をどれだけ世間が歓迎してくれるのか、ぜひ注目していきたい。

(小机かをる)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
逮捕されないの!?マギーの「肌見せまくり」衣装に心配の声続々
2
「朝ドラ」広瀬すずVS「大河」綾瀬はるか、「天国と地獄のバスト対決」内幕とは!?
3
やっぱり!? 坂口杏里、「5月中に夜の仕事引退」宣言も平然と継続中で失笑の嵐
4
芸能美女の“生娘卒業”(2)ジャニーズ好き新垣結衣の「錦戸亮の前のオトコ」
5
深田恭子、「ルパンの娘」ボディ密着ピタピタ衣装に「フジドラマを救う!」喝采