芸能

「アイドル文豪」の知られざる名作(1)乃木坂46・高山一実の“突飛な設定”に驚嘆!

 歌やダンスにトークと、みずからの表現に長けたアイドルたち。その中でも選ばれし者たちのみに許されるのが文芸作品の発表だ。アイドルを中心に、小説やエッセイなどの作品を世に問うた女性芸能人たち20人をピックアップ。その出来栄えを評価してみた。

○高山一実

「キャリーオーバー」(ダ・ヴィンチ ニュース掲載 2016年1月)

〈僕を散々いじめてきた奴らへの復讐だ。有り金でその手のプロを何人も雇ってそいつらの幸せを全部潰してやる。一人残らず絶望の淵に突き落としてやるのだ。僕は微笑みながら宝くじ売り場を探した〉

 乃木坂46の高山がウェブにて発表した短編小説。雑誌「ダ・ヴィンチ」の連載「乃木坂活字部!」の一環で書かれたもので、人格を持つ宝くじという突飛な設定と構成はまさに「才能あり」を差し上げたい。2作目の長編小説「トラペジウム」ではさらなる進歩が見られただけに、今後の文筆活動に期待したい。

○嗣永桃子「嗣永桃子卒業アルバム」(ワニブックス  17年7月)

〈シングルの『VERY BEAUTY』でソロが無くなったり(笑)。当たり前ですよね、プロデューサーの言うこと聞かないんですもん。まぁ、そんなこともあったけど〉

 ハロプロのアイドルグループ「Berryz工房」の“ももち”こと嗣永が卒業記念に著したフォトエッセイ。「卒業文章」と題された後半でオーディションから卒業を決意するまでアイドル人生を振り返っている。文芸的な要素は薄いものの、嗣永ファンなら興味深く読める作品だ。

○仲谷明香「非選抜アイドル」(小学館 12年4月)

〈名前や顔を知られていない「非選抜組」が、その何倍も控えているのだ。そうして私も、その一人だった。AKB48に入ってからもう五年が経とうとしているけれど、一度もそのポジションから抜け出せたことがなかった。〉

 中学の同級生だった前田敦子を追ってAKB48に加入したものの、一度も選抜メンバーに選ばれないみずからの悲哀を乾いた文体で表現。アイドルの自叙伝が日記風になりがちな中、濃密なアイドル生活の浮き沈みを客観的な視点で観察しており、人生論としても読みごたえ十分だ。

○山本彩「すべての理由」(幻冬舎 17年3月)

〈グループにいながらも疎外感というか、孤独を感じる部分はずっとあります。今もたまに、自分対その他のみんな、というふうに世界が見える時もあります。私はそれを、自分で選びました。そうするべきだ、と思ったので〉

 NMB48のさや姉が「全部さらけ出します」とした初のエッセイ。アーティスト性が強い彼女らしく、その文体は独特なリズムを刻む。孤高のリーダーが歩む、他のメンバーと距離を置いたアイドル人生論は、これから芸能界を目指す女子たちにとって大いに参考になるはずだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
3
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】