芸能

春ドラマヒロイン10人の乱高下フェロモン(2)中谷美紀は演技に集中しすぎて…

「花のち晴れ~花男 NextSeason~」(TBS系)で初となる連ドラ主演に抜擢されたのが杉咲花(20)。昨年から「ソフトバンク白戸家」のCMに出演するなど、まさにブレイク中だ。

 同ドラマは少女漫画が原作で、05年に井上真央(31)出演でドラマ化された「花より男子」の続編だが、新ヒロイン・杉咲の評判は上々の滑り出しを見せている。

「若手女優の中でもトップクラスの演技力を持つ逸材です。前作から関わるスタッフの間では『13年前の井上を彷彿させる』といった声が出ているんですよ」

 と語るのはテレビ関係者。杉咲のスゴさをこう力説するのだ。

「セリフの細かなイントネーションや会話相手のセリフを引き立たせるための間まで自分で考え、完璧な状態で仕上げてくる。これをできる女優は若手はおろかベテラン女優でも少ないのに、毎回それを当たり前のようにやってのけるんです。『井上より杉咲のほうが上では』という声が多数派ですね」

 同ドラマでは、初回こそ視聴率7.4%(関東地区・以下同)と低調だったものの、以降は右肩上がりで、5月1日放送の第3話で9.6%をマーク。前シリーズに出演していた松本潤や小栗旬らイケメン俳優陣のサプライズ出演にも後押しされ、杉咲の好演はますます注目を集めそうだ。

 同じくTBS系ドラマ「あなたには帰る家がある」で玉木宏と夫婦役を演じているのが中谷美紀(42)。初回視聴率9.3%とまずまずのスタートを切った本作は、不倫をテーマに夫婦の「あるある」を盛り込んで視聴者の共感を集めている。

「早晩、2桁台に乗せてくるでしょうね」とテレビ関係者が予測する人気ドラマだが、撮影現場では中谷の周囲でピリピリした空気が流れているという。

「彼女自身、『あな家』は地上波の連ドラで2年ぶりの主演作ということもあって、とにかく強い意気込みで臨んでいるんです。現場は和気あいあいとしているものの、彼女が作品に集中しすぎるあまり、コミュニケーションに齟齬が生じているんです。『中谷さんに話しかけても無視される』と嘆くスタッフもいて、彼女を“最も近寄りがたい女優”と評する人間もいるほどです」(テレビ関係者)

 不倫ドラマに緊迫感をもたらすための役作りだと信じたい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
巨人・原監督、桑田コーチを招聘の裏にあの“大物球団OB”を巡る思惑が!?