芸能

春ドラマヒロイン10人の乱高下フェロモン(2)中谷美紀は演技に集中しすぎて…

「花のち晴れ~花男 NextSeason~」(TBS系)で初となる連ドラ主演に抜擢されたのが杉咲花(20)。昨年から「ソフトバンク白戸家」のCMに出演するなど、まさにブレイク中だ。

 同ドラマは少女漫画が原作で、05年に井上真央(31)出演でドラマ化された「花より男子」の続編だが、新ヒロイン・杉咲の評判は上々の滑り出しを見せている。

「若手女優の中でもトップクラスの演技力を持つ逸材です。前作から関わるスタッフの間では『13年前の井上を彷彿させる』といった声が出ているんですよ」

 と語るのはテレビ関係者。杉咲のスゴさをこう力説するのだ。

「セリフの細かなイントネーションや会話相手のセリフを引き立たせるための間まで自分で考え、完璧な状態で仕上げてくる。これをできる女優は若手はおろかベテラン女優でも少ないのに、毎回それを当たり前のようにやってのけるんです。『井上より杉咲のほうが上では』という声が多数派ですね」

 同ドラマでは、初回こそ視聴率7.4%(関東地区・以下同)と低調だったものの、以降は右肩上がりで、5月1日放送の第3話で9.6%をマーク。前シリーズに出演していた松本潤や小栗旬らイケメン俳優陣のサプライズ出演にも後押しされ、杉咲の好演はますます注目を集めそうだ。

 同じくTBS系ドラマ「あなたには帰る家がある」で玉木宏と夫婦役を演じているのが中谷美紀(42)。初回視聴率9.3%とまずまずのスタートを切った本作は、不倫をテーマに夫婦の「あるある」を盛り込んで視聴者の共感を集めている。

「早晩、2桁台に乗せてくるでしょうね」とテレビ関係者が予測する人気ドラマだが、撮影現場では中谷の周囲でピリピリした空気が流れているという。

「彼女自身、『あな家』は地上波の連ドラで2年ぶりの主演作ということもあって、とにかく強い意気込みで臨んでいるんです。現場は和気あいあいとしているものの、彼女が作品に集中しすぎるあまり、コミュニケーションに齟齬が生じているんです。『中谷さんに話しかけても無視される』と嘆くスタッフもいて、彼女を“最も近寄りがたい女優”と評する人間もいるほどです」(テレビ関係者)

 不倫ドラマに緊迫感をもたらすための役作りだと信じたい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【球界爆笑秘話】ボールがアレに当たって悶絶する捕手に長嶋茂雄が放った「まさかのオヤジギャグ」
2
事務所が猛抗議!「星野源W不倫10億円もみ消し」仰天暴露投稿に挙がった「NHK美女アナ」の名前
3
2試合33失点の歴史的惨敗!楽天・今江敏晃監督「打つ手なし」で「途中休養」カウントダウン
4
「ちょっと待って」と視聴者!由美かおる73歳の短すぎるスカートが真っ昼間にさく裂で「これ、ひざ上何センチ?」
5
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから