芸能

松岡茉優の移籍先は同じビル!?芸能事務所の「関連会社事情」とは

 女優の松岡茉優がヒラタオフィスからヒラタインターナショナルに移籍したことが話題を呼んでいる。5月15日発売の「女性自身」によると、松岡はかつてのマネージャーから長時間にわたって罵倒され続けたことで不信感を持つようになり、所属事務所の社長が変わることもあって今年1月に事務所を移籍。ただ、その事実は公表されておらず、女性自身側が10日に問い合わせをした直後に両社の公式サイトが更新され、移籍の事実が明らかになったという。

 移籍の理由はともあれ、ファンが驚いているのは移籍前後の2社が同じビルに入っているということ。会社名も共通しているなど両社は兄弟会社のようなものであり、それが松岡のスムーズな移籍を可能にした理由にもなったようだ。そんな似た者同士の芸能事務所について、業界関係者が解説する。

「芸能事務所も一般企業と一緒で、様々な理由から分社化したり同業他社を吸収するなど、関連会社を抱える例は珍しくありません。業界大手のホリプロを例に挙げると、波瑠が所属するホリエージェンシーは1977年にモデル部門として設立されたもの。そしてバナナマンらが所属するホリプロコムは、お笑い芸人事務所だったM2カンパニーを子会社化したものです。もともとは音楽事務所だったアミューズは、モデル事務所のウィルコーポレーションを2004年に吸収。上野樹里や吉高由里子はその際にアミューズに移籍する形となりました。NMB48メンバーらが所属するShowtitleは、NMB48の運営を担っていた老舗芸能事務所のノータイトルと吉本興業が合弁で作った事務所。そのノータイトルはヒロミや妻の松本伊代のマネージメントも行っています」

 4月13日に一般男性と入籍した元NMB48の須藤凜々花もShowtitleの所属であり、その意味ではNMB48を卒業したものの、契約が解除されたわけではないことがわかる。その48関連ではほかにも、大物メンバーが事務所を移籍していたことは意外に知られていないようだ。

「ノースリーブスとして活躍していた元AKB48の小嶋陽菜と高橋みなみ、そして現役メンバーの峯岸みなみらは、老舗事務所のプロダクション尾木からMama&Sonに移籍。これは小嶋が昨年9月に動画配信中に明かしたことで判明したものです。ただ、両社の社長は実の親子であり、一般企業でも経営者が自分の子供に子会社を任せることは珍しくない話。今ではMama&Sonの公式サイトに小嶋らも掲載されています。なお尾木プロ所属の48関連メンバーが全員移籍したわけではなく、渡辺麻友は今でも親会社である尾木プロの所属です」(アイドル誌のライター)

 たとえ兄弟会社や親子会社でも、会社が違えば雰囲気も異なるもの。移籍を果たしたタレントたちには新天地での活躍を期待したいものだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「デパ地下」も静かに終了…池袋西武が象徴する「インバウンドに特化」デパートの苦境と未来
2
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
サッカー元日本代表「王様・中田英寿」は自ら演出した「策略」だった!チームメイトが明かす「嫌われ役」秘話
5
「函館記念」はオニャンコポンの1着固定!3連単平均57万円の超大荒れレースで買えない人気馬のガチ共通点