社会

ニッポンの「遺族年金」が悪辣中国人に詐取されている(3)全国の総悪用額は億単位に!

 X氏が悲惨な実情をこう明かす。

「中国人ブローカーに、初めは優しくするように言われているから、新婚当初はすごい人懐っこいんだ。それが半年もすれば本性を現して、炊事、洗濯は夫に任せて携帯をイジッてばかりだよ。さらにひどい時は、異国で寂しくなったのか、知り合いの中国人を5~6人連れてきて、一つ屋根の下で共同生活をさせちまうこともある。その生活費は当然ながら夫の支払いだ。あっという間に生活の主導権は妻に握られて、少しでもグチをこぼせば、ボコボコに殴られることも珍しくないよ。制しようにも夫は年寄りだからな」

 たまりかねて離婚を切り出すと、優しかった新婚時代にわずかな間だけ戻って、甘い蜜を吸わせてなだめようとするというから腹立たしいかぎりだ。

「偽装結婚して在留資格を取ったら、次はいかに土地や財産を奪い取れるかを考える。それでも、あまりに夫が離婚を主張してきた場合は、ハニートラップを仕掛けるんだ。古典的な手だけど、飲み屋で息のかかった女を近づけて、ホテルに誘うだけだよ。夫は中国人妻に日々嫌な思いをしているから、癒やしを求めてあっさり引っ掛かっちまう。弱みを握られて離婚することができなくなって、もし裁判になっても立場の悪い夫は財産分与でガッツリ奪い取られちまうこともあるな」(X氏)

 そうした入れ知恵をするのは中国人ブローカーで、女性が財産分与や遺族年金を詐取したら、その取り分は2割ほどだという。

 一方、中国人妻の裏素顔を知りつつ、余生を異国で過ごす夫もいる。中国在住ジャーナリストはこう話す。

「どんなに性格がきつい中国人妻でも、60、70歳を超えた日本人の独居老人は寂しさから、ついつい何でも言うことを聞いてしまう。その構図が顕著なのは、中国人女性と結婚して2人で中国に移住するパターンです。中国の聞いたこともない『省』の農村に行けば、月2~3万円あれば十分に暮らせる。中国人妻に、親の面倒を見るのは自分だけしかいないと懇願されて、別れたくない夫はついていくんです。毎月十数万円の年金を受け取れるので、中国人妻はリッチな生活が送れます」

 毎年2万組以上の国際結婚が誕生する中、日本年金機構が全ての生活を把握するのはきわめて難しい状況にある。それをいいことに、やりたい放題のようだ。

「再婚すれば遺族年金の受給資格は失うことになるが、それを黙ったまま知らせずに中国人同士で結婚していることもあります。遺族年金は1人の悪徳中国人妻が年額100万円受け取っていたとして、それが全国でどのくらい悪用されているのか。その実態が明らかになれば、数億円という数字が浮き彫りになるかもしれません」(中国在住ジャーナリスト)

 本来、再婚などで受給資格を失えば、みずから届出をしなければならない。が、その“約束事”を無視して不正受給を続けるケースなど当たり前だという。

 なぜ中国人の私腹を肥やすために年金を払い続けなければいけないのか! 死んだあとの金までだまし取る義理も人情もない悪徳中国人どもを、このままのさばらせておくわけにはいかない。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石橋貴明もショック?「細かすぎモノマネ」に木梨憲武が出演しない理由
2
松本人志、BTS原爆Tシャツ問題に“号泣マジギレ”も十分ありえた「過去言動」!
3
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…
4
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
5
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(1)期待されていた有働由美子だったが…