芸能

中山美穂をおもてなすにゃんこスターに「あれ、アンゴラ村長可愛くなった!?」

 リズム縄跳びのネタ一本で思いのほか賞味期限が伸びているにゃんこスターが、芸能界の大先輩である中山美穂を「おもてなし」した。5月16日放送の「有田Pおもてなす」(NHK)において、中山の曲に載せてリズム縄跳びを披露したもの。にゃんこスターが大塚愛の「さくらんぼ」以外でネタを演じること自体が珍しいのだが、今回の番組ではアンゴラ村長が見せた変化も話題になったという。お笑い系のライターが指摘する。

「番組では最初、プロデューサー役のくりぃむしちゅー・有田哲平の部屋を出演芸人が訪れるのですが、この時点から様子が違っていました。アンゴラ村長は首元が大きく空いたグレーのニットに黒いミニスカートを合わせ、普段よりフェミニンな装い。その姿に視聴者からは『アンゴラ村長ってこんなに可愛かったっけ?』『胸も大きくなってね?』と驚きの声があがっていたのです」

 決して肉感的な体つきとは言い難いアンゴラ村長だが、今回のニット衣装では胸元がほのかに盛り上がり、それはそれでなかなかオツなもの。もちろんいつもの美脚ぶりは健在で、放送翌日に24歳の誕生日を迎えたばかりというハツラツとした女らしさを発揮していたようだ。

 そして本編のパフォーマンスでは、中山が86年にリリースした8thシングル「WAKU WAKUさせて」に合わせての芸を披露。中山がコンサートで着用していた衣装に寄せた真っ赤なドレスをまとい、首元にはバブル時代さながらの大きな付け襟をあしらい、頭にも真っ赤なリボンを載せるという「みぽりんリスペクト」だ。

「メイクも当時の中山に合わせて眉毛を太めにし、普段は施さない赤いラインなども引いていたとか。それでチンドン屋っぽくなるのかと思いきや、意外に似合っていたのだから驚きです。しかも普段とは異なるタイトめのスカートで華麗な縄跳びぶりを見せ、さらには長縄の中でリズム縄跳びをするという高い技巧も披露。可愛さを増した上に縄跳びの技術まで向上しているのですから、この調子なら今年もリズム縄跳びで食っていくことができそうですね」(前出・お笑い系ライター)

 この日はほかにも「世界中の誰よりきっと」と「ただ泣きたくなるの」と合計3曲に挑戦したにゃんこスター。今後も単なる一発屋に留まらない器用さで、視聴者を楽しませてくれそうだ。

(金田麻有/写真:パシャ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
5
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ