芸能

西城秀樹「63歳突然死」までの傷だらけの「15年闘病」(2)最後の日も「家族のために」

 大明院長が続ける。

「当院には頸椎損傷で首から下がまったく動かない元レスリング選手がいて、自分で車の運転までできるようになったのですが、彼の姿を励みにしていました。ロープにつるして神経の再生を促す『空中リハビリ』は大きな痛みを伴います。それでも西城さんは『この野郎~!』と大声で自分を奮い立たせるように3時間のつらいリハビリを週4~5回こなしていました」

 最後にリハビリで訪れたのは4月25日。倒れることになる当日だ。

「その日も『家族のために、子供たちのために頑張る』と言って帰っていったのですが‥‥。体のしびれも取れて、これからという時だったので非常に残念です」(大明院長)

 脳梗塞に倒れたあとも、西城は合同コンサートなどでステージに立ち続けた。昨年4月にチャリティーコンサートを開いた「桜りん会」の本田實恵子氏が言う。

「おつきの方2人に両脇を支えられて会場入りした時は『大丈夫かな‥‥』と不安がよぎりましたが、いざステージに上がると、左手でマイクを持って7曲ほど披露。思うように体が動かなくても、イスから立ち上がり、疲れては座ってを繰り返して‥‥。ヒット曲『YOUNG MAN』のパフォーマンスには、涙を流すファンの方もいらっしゃいました」

 近年、テレビでもたびたび目にした西城の懸命な姿だが、この先にも夢に満ちた「計画」があったという。47年来の親交があり、リハビリジムを紹介した音楽プロデューサー・長田栄二氏が明かす。

「2年後の東京パラリンピックで『YMCA』を披露させたいと、事務所の社長とも話していました。おそらくその話が秀樹にも伝わっていたのでしょう。それまでに完璧に治したい。そんな気持ちから、今年1年は仕事をセーブしてリハビリに専念したいと打ち明けてくれました」

 国民的なヒット曲を、パラリンピックで熱唱することに誰も異論を唱えなかったであろう。だが、全ては「かなわぬ夢」となってしまった‥‥。

 そんな西城は72年3月に「恋する季節」でデビュー。歌謡曲が国民の最大娯楽だった70年代に、たちまちトップアイドルの一角に食い込んだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレビ朝日・安藤萌々アナがヤクルトキャンプで大顰蹙!村上宗隆以外はガン無視で会釈もせず…
2
徳川家康ブチ切れ!通行人にノコギリで首を挽かせた「極刑中の極刑」絶叫シーン
3
「富士山噴火」が危ない伊豆諸島「ベヨネース列岩」の不気味な海面変色
4
挨拶したのに…上沼恵美子がガン無視激怒した宮迫博之の「顔面イジリ」
5
YOSHIKI新バンド米国公演の前座は「世界的ガールズバンド」に「逆だろ!」ブーイング