スポーツ

本田圭佑、日大アメフト問題へのコメントに“世間の10割”が猛反対

 発信力が強いだけに、今回の暴言には世間の人たちのほぼ10割が猛反対。

 当事者の日大・宮川選手の記者会見が話題となっている、日大アメフト部の反則タックル問題。宮川選手は加害者への直接謝罪、そして山口達也メンバーばりの大々的な謝罪会見を開き、そのきちんとした対応と発言で、「やったことは悪くても…」と、世間にも彼を許す声が広がってきている。一方で、宮川選手の会見を受けるような形で、あわてて会見を開き、その不自然な弁明に逆にますます批判を浴びる形となった日大側の内田監督や井上コーチへのバッシングは広がる一方。この問題、しばらくはまだ尾を引きそうな様子。

 そんな中、サッカーW杯ロシア大会直前の壮行試合となるガーナ戦を控えた本田圭佑が、5月23日に更新したツイッターで、今回のアメフト問題についてつぶやいた。が、その内容にほとんど擁護の声すら見あたらないほど、批判が殺到してしまった。

「本田の言葉を読み取るなら、彼には日大アメフト部を“過剰に責め続ける人”が目につくようですね。そういう人たちに対して『神経が理解できないし、その人のほうが罪は重い』と言い切ってます。しかし、今回の問題は芸能人の不貞騒動など、本人たちだけで解決すればいいことに対して面白半分にディスっているような野次馬批判ではありません。一歩間違えば、社会生活すら危ぶまれるケガを追いかねない悪質タックルが、学生運動部で堂々と命じられていたことに対する、本気の怒りの声が大きい。それだけに、本田の世間と裏張りするような発言に『日本人のことを何もわかっちゃいない』『あなたは代表の練習だけしててください』『監督の言うことを聞かなくても許される本田様にはわからないでしょうね』などボロクソです」(週刊誌記者)

 本田自身も「監督も悪いし、選手も悪い。傷つけられた選手は生死に繋がるようなケガでなく何より」と、最低限度の気遣いをしたあとの発言だったが、「ただ毎日寄ってたかって責め続けるようなことでもないでしょう?」というのが本音のはず。そんな本田のコメントを受けて「これだけ世間の人たちが寄ってたかって責め続けてから、日大が逃げることができなくなった」「もしみんなが黙ってたら、まだ日大はあの監督の下で殺人タックルを続けているはず。本田さん、それをわかって言ってるの?」と、人々の怒りはおさまるところを知らない。

 今回ばかりは言わなきゃよかった!?

(飯野さつき)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「おかあさんといっしょ」上原りさの「卒業」でパパたちの楽しみが消滅!?
2
高橋真麻、視聴者が絶賛した「ZOZO前澤氏ツイッター休止」への痛烈指摘!
3
清水富美加と結婚させられそうになった!?大川隆法長男「独白」報道の衝撃
4
ダレノガレ明美「ドナー登録呼びかけ」への批判が“特に厳しかった”理由
5
池江璃花子「白血病パニック」のドミノ倒し波紋(1)そっけなく「頑張りなさい」