芸能

有名人「下半身騒動」の始末書!(4)<奈落の男篇>小出恵介は損失を取り戻すことなく…

 男は、常に危険な誘惑と背中合わせだ。ほんの少しの気の緩みと、それでも引き返せない下半身の暴走により、無間の地獄が待ち受けていた──。

 17年6月8日に「フライデー」が報じたのは、売れっ子俳優・小出恵介(34)の「17歳の女子高生と飲酒及び不適切な関係」だった。これにより小出が出演予定の映画・ドラマは全て白紙となり、その損失額は10億円近いとも言われた。

 小出が所属事務所から「無期限活動休止」を言い渡されて間もなく1年。会社に与えた莫大な損失を取り戻すことなく、6月4日に双方合意の下で専属契約を終了したことを発表した。

「ミニにタコができる、という映像を撮りたかった」

 そんな迷言を口にしたのは、00年の田代まさし(61)。駅構内で女性の下着を盗撮しようとしているところを通報され、事件を知ったレポーター陣に苦しまぎれの弁明をしている。だが、田代の転落はここからさらに加速し、覚醒剤やコカイン使用、盗撮にバタフライナイフ所持と、実に4度の逮捕に2度の懲役を数えている。クスリとともにセックスに溺れたのもまた、必然の流れと言えた。

「俺は、さんまさんのように生きたい」

 そう宣言したのは元横綱・花田虎上(47)だ。07年に美恵子夫人と離婚する際に、堂々とそう言い放ったのだ。花田の真意は、堂々と女遊びをするために自由奔放に生きたいとのこと。

 ただし、引き合いに出された明石家さんまは不倫に走ったことはなく、花田に対しての辛辣な声も飛び交った。

 フォーク界に飛び出したスーパースター・吉田拓郎(72)に、突然の悪夢が襲ったのは73年5月のこと。拓郎の自宅に石川県金沢中署の3人の刑事がやって来て、婦女暴行致傷の容疑で拓郎を逮捕。

 4月23日にコンサートで金沢を訪れた拓郎は、打ち上げで知り合った地元の女子大生・A子と意気投合。ところがA子は、拓郎の部屋で20分にわたって暴行を受けたと訴えたのだ。

 勾留された拓郎であったが、やがて、婚約者もいたA子の狂言だったことが明らかになる。結局は「不起訴処分」となったが、レコードの発売延期やコンサートの中止など、冤罪と呼ぶにはあまりに痛手は大きかった。

 芸能人の犯罪史上、類を見ない悪質な犯行が「ヒステリック・ブルー」のギタリスト・赤松直樹(39)だ。99年には紅白歌合戦にも出場した人気バンドだったが、事態は一変。

 03年11月から04年2月にかけ、赤松は夫人が妊娠中であることの不満から、路上で9人の女性(うち1人は女装したニューハーフ)を連続で強姦・強制わいせつ行為に及んだのである。逮捕された赤松は懲役14年の判決を受けた。その後、控訴審で懲役12年に減刑されたため、今年8月が出所予定となっている。多くの被害者には、いまいましい日となるのだろうか‥‥。

 16年2月、20年来の不倫関係を明かされたのは、桂文枝(74)である。豊満な演歌歌手・紫艶(40)が長年の愛人関係を暴露。紫艶の足首には「34」と彫られたタトゥーがあり、関係の深さを物語っていた。

 その後も文枝は、別の愛人の存在も明らかになり、悲願だった「人間国宝」の座は遠ざかるばかり。一方、紫艶はアダルトDVDに出演するなど、グラマラスなボディとともに、たくましいメンタルを見せつけている。

 最後は清水アキラの長男、清水良太郎(29)である。17年10月11日、池袋のホテルでガラスパイプを使って覚醒剤を吸引した。これが発覚したのは、清水に呼び出された風俗嬢が「口移しで覚醒剤を飲まされそうになった」ことで通報。

 逮捕されてなお、ふてぶてしい態度の良太郎に対し、会見で怒りの涙を見せたアキラに同情が集まったものだった‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
2
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
3
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…
4
注目はF胸だけじゃない!土屋太鳳、同性人気も集めた“開き直り肌見せ戦略”
5
フリー転身も間近?TBS宇垣美里、先輩・田中みな実を超えた「名艶技」!