芸能

斉藤由貴、大物脚本家も下支えする「完全復帰」演出に違和感の声!

 昨年8月に“文春砲”を受け、50代主治医との指と指をがっちり絡め合う“恋人つなぎ”をした写真とともにW不貞をスッパ抜かれた斉藤由貴。その後「FLASH」にはキス写真とともに50代主治医と思われる男性が女性用アンダーウエアを頭にかぶっている写真が掲載され、波紋が一層広がったことは記憶に新しいところだ。しかし5月16日放送の「1周回って知らない話」(日本テレビ系)では斉藤本人だけでなく18歳の長女までがVTR出演。「最近見たお母さんのテレビは記者会見」と、斉藤の“W不貞騒動”の会見についてみずから触れて笑いを誘うだけでなく「普通のお母さんよりスリリングなほうが好きだよ」「平凡より楽しい。お母さんのいいところなんじゃないかな」といった殊勝なコメントをしたことで“家族円満”を感じさせ、大きな話題となった。

「事務所サイドは“家族が許しているのだから世間もそろそろ斉藤の不貞を許してあげましょう”といった裏テーマがあったのかもしれませんが、結果は逆効果でしょう。2016年1月に“初不貞”でスッパ抜かれたベッキーはいまだにもと通りというにはほど遠い状態。斉藤は故・尾崎豊、川崎麻世に続いて今回は3度目の不貞。しかも17年12月公開の桐谷美玲主演映画『リベンジgirl』、今年4月公回の映画『いぬやしき』、4月14日放送の三谷幸喜脚本ドラマ『黒井戸殺し』(フジテレビ系)に続き、今回の地上波ゴールデンタイムの番組にメインゲスト出演というのは、ついていけない視聴者も少なからずいるようです。不貞発覚当時から斉藤を擁護している脚本家の倉本聰が『次回作は斉藤にオファーする。斉藤は年齢を重ねてよくなってきた女優』と言っているそうで、事務所サイドも斉藤本人も“もう禊は済んだ”と勘違いしているのかもしれません」(女性誌記者)

 6月9日には一青窈の名曲「ハナミズキ」のプロデュースや、スタジオジブリのアニメ映画「コクリコ坂から」の音楽制作で知られる武部聡志プロデューサーと一夜限りのピアノとボーカルのデュオセッションライブ「武部聡志 Premium Duo Session Special Vol.7」に出演するという斉藤。女優業だけでなく歌手活動まで再開させるとは、エネルギーにあふれた女性はやることが違う。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田望結、隠し切れない胸の膨らみが招く?ジワジワ“アンチ”増加の嫉妬現象
2
テレ東・田中瞳、「WBS」生放送中に映りこんじゃった!?スカートの奥の奥
3
「着飾る恋」川口春奈&横浜流星の「マッパ温泉シーン」で苦情が飛び交ったワケ
4
橋本環奈の70万円が関係?「ゴチ」大不評な“割り勘ルール”導入の裏事情
5
「バス旅」にまたしてもヤラセ疑惑!?ゴール直前に発生した“トイレ事件”