芸能

斉藤由貴、大物脚本家も下支えする「完全復帰」演出に違和感の声!

 昨年8月に“文春砲”を受け、50代主治医との指と指をがっちり絡め合う“恋人つなぎ”をした写真とともにW不貞をスッパ抜かれた斉藤由貴。その後「FLASH」にはキス写真とともに50代主治医と思われる男性が女性用アンダーウエアを頭にかぶっている写真が掲載され、波紋が一層広がったことは記憶に新しいところだ。しかし5月16日放送の「1周回って知らない話」(日本テレビ系)では斉藤本人だけでなく18歳の長女までがVTR出演。「最近見たお母さんのテレビは記者会見」と、斉藤の“W不貞騒動”の会見についてみずから触れて笑いを誘うだけでなく「普通のお母さんよりスリリングなほうが好きだよ」「平凡より楽しい。お母さんのいいところなんじゃないかな」といった殊勝なコメントをしたことで“家族円満”を感じさせ、大きな話題となった。

「事務所サイドは“家族が許しているのだから世間もそろそろ斉藤の不貞を許してあげましょう”といった裏テーマがあったのかもしれませんが、結果は逆効果でしょう。2016年1月に“初不貞”でスッパ抜かれたベッキーはいまだにもと通りというにはほど遠い状態。斉藤は故・尾崎豊、川崎麻世に続いて今回は3度目の不貞。しかも17年12月公開の桐谷美玲主演映画『リベンジgirl』、今年4月公回の映画『いぬやしき』、4月14日放送の三谷幸喜脚本ドラマ『黒井戸殺し』(フジテレビ系)に続き、今回の地上波ゴールデンタイムの番組にメインゲスト出演というのは、ついていけない視聴者も少なからずいるようです。不貞発覚当時から斉藤を擁護している脚本家の倉本聰が『次回作は斉藤にオファーする。斉藤は年齢を重ねてよくなってきた女優』と言っているそうで、事務所サイドも斉藤本人も“もう禊は済んだ”と勘違いしているのかもしれません」(女性誌記者)

 6月9日には一青窈の名曲「ハナミズキ」のプロデュースや、スタジオジブリのアニメ映画「コクリコ坂から」の音楽制作で知られる武部聡志プロデューサーと一夜限りのピアノとボーカルのデュオセッションライブ「武部聡志 Premium Duo Session Special Vol.7」に出演するという斉藤。女優業だけでなく歌手活動まで再開させるとは、エネルギーにあふれた女性はやることが違う。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
2
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
3
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
4
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
5
有働由美子、NY住居の家賃は70万円!?明かしていたNHK時代の駐在生活とは