芸能

半分見えた!?永野芽郁「半分、青い。」で屈んだ瞬間“胸の渓谷”がコンニチワ

 5月31日に放送された朝ドラ「半分、青い。」(NHK)第52話の視聴率が、20.2%だったことがわかった。今回、ヒロイン・永野芽郁と、彼女が思いを寄せる中村倫也とのキスシーンが描かれ、多くの女性視聴者を悶絶させた。

「52話では、永野と中村の公園花火デートが描かれました。そこで中村は『近くまで来たかなって思うと、スッと行っちゃう。ヒラヒラと泳ぐ金魚みたい』と、ヒロインを金魚に例えながら、頬にやさしくキス。するとSNSでは『朝ドラでこんなに胸キュンしたのは初めて!』と女性視聴者から興奮の声が殺到しました」(テレビ誌記者)

 だが、同ドラマに興奮したのは女性視聴者だけではなかった。翌日の第53話にて、今度は男性視聴者を奮い立たせるアクシデントシーンが放送されたという。

「53話では、ヒロインの母親を演じる松雪泰子が上京し、主人公の部屋を訪れるという展開が描かれました。その際、永野は散らかった部屋を片付けるため、前かがみになって掃除を始めたのですが、その瞬間、服の胸元がパックリ開き、渓谷がガチ見え状態に。これには男性視聴者から『芽郁ちゃんの半分見えた!』『胸元からのぞく小さな膨らみがたまらない』『無防備すぎるよ!』と歓喜の声が殺到。通常、演者の動作が多いドラマでは、服の内側にテープを貼って、胸元が開かないよう対策をするのですが、朝ドラはアクションシーンも少ないため、スタッフは想定していなかったのでしょう」(前出・テレビ誌記者)

 とはいえ、男女両方の視聴者を満足させている今期の朝ドラ。視聴率20%の大台を超えているのも納得というほかない。

(写真:パシャ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」