芸能

高級性サービス店ではバックレ疑惑?坂口杏里、“踊り子降板”で増幅する懸念

 やはり印象の悪さもあって、坂口に非があると決めつける人々が多いようだ。

 東京・浅草ロック座で6月16日から服を脱いでの“踊り子舞台”デビューを予告されていた元タレントのANRIこと坂口杏里。ところが、14日、浅草ロック座が公式ツイッターを更新。坂口の出演を諸事情により見送ることを発表した。ロック座のツイッターは「公演開始直前の降板となり、楽しみにしていたお客様には大変申し訳ありませんが、何卒ご了承ください」と、ファンに謝罪することとなった。また、坂口はメディアの取材に応じたり、インスタグラムで宣伝したりと意気込んでいただけに、ネット上では「坂口がドタキャンか?」という声も上がっていた。

 が、坂口はそうした声に16日、インスタグラムを更新し〈ドタキャンドタキャンってドタキャンされたのはこっちなんだけどね。時間、労力全部返してほしい。枯れるほど泣いたわ〉と、反論。投稿内容を見る限り、どうやら坂口のパフォーマンスが人前で披露するに値しないとの判断からの出演中止だが、彼女にすれば、大した指導を受けられず、ほとんど自主練習だったことを説明し、〈こっちはプロじゃないし、きっちりちゃんと教えて、練習もできるまでやってほしかった〉という主張の怒りをぶちまけていた。

 ただ、このニュースを知った世間の人々からは「よくわからないが坂口が悪いと思う」「他の踊り子も同じ条件で仕事してるんでしょ」「いやいや、あんたこそサービスした客に“時間と金”を返せよ」「あなたはプロの仕事ができない人って噂はよく聞くからな~」という内容の、坂口に問題アリという声が多数見受けられた。

「本当のドタキャン理由は坂口と劇場側しかわからないでしょうが、恐喝未遂で警察沙汰になるなど問題行動が多かった坂口だけに、坂口の分が悪いですね。坂口といえば、5月にも神戸の高級性サービス店で19日から20日間限定で勤務する予定が、わずか2日でお店の在籍表から削除されるという騒動もありました。お店では『電撃入店』『衝撃の20日間』と大々的に坂口のキャスト勤務を告知。サービス料金は60分7万円という強気な金額が設定されていました。それでも、20日間ほぼ予約で満員でしたが、在籍表から削除され、坂口のサービスを受ける予定だったお客さんも、代わりの女の子を受け入れるか、坂口が戻るのを待つかの選択を迫られたことをネットで証言していましたね」(エンタメ誌ライター)

 この当時もネット上では「おいおい、何しても続かないな」「衝撃の2日間の間違いだろ」「こういうことで周囲の信頼を失っていることに気付かないのか」「この子はいろんな意味で心配だな」といった声が上がった。

「連日17時から翌5時まで勤務するシフトが組まれ、実際やり遂げるのは大変なのは間違いなく、2日間勤務した時点で、これを20日続けるのは無理と判断してバックレたのかもしれませんね。それに、今回、坂口のサービスを受けたという人レポートによれば、坂口は体中ケガだらけ。そして明らかな手抜き対応だったということでした。それが事実なら、今回も踊り子デビューするにあたり、個人練習だとしても十分な量の練習を積んできたのかも疑わしいと思わざるをえません」(前出・エンタメ誌ライター)

 すっかりいい話を聞かなくなった坂口。昨年9月には「普通の女の子に戻りたい」と話して芸能界を去ったわけだが、いったいどこへ向かおうとしているのか。元恋人のばいきんぐ小峠ならずとも心配なところだ。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
2
2026年WBC「ピッチクロック採用」に猛反対する日本球界の交換条件は「大谷翔平DHルール」
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
5
今江敏晃監督の「超冷酷采配と大バクチ」で一気に浮上した楽天に「ひとりカヤの外」の男