スポーツ

“日本”が“ドイツ”に勝った!ツイッター社が割り出したW杯の「実力」とは?

 大金星による歓喜は、多くのつぶやきをもたらしていた。

 情報サービスアプリ「ツイッター」のSports専門公式アカウントが、6月20日時点での“最も盛り上がった瞬間”をランキング形式で発表している。それは、「WorldCup」とのハッシュタグが付けられたツイートに限定し、現在世界中を熱狂させている4年に1度のスポーツ祭典の中から、分速で最も多くツイートされたモーメントのベスト5。同アカウントが、〈ツイッター上のW杯で最も盛り上がった瞬間のトップ5のうち、2つが昨晩(6月19日)のコロンビアvs日本に関するものでした〉とツイートしたように、何とコロンビア戦終了直後と、日本代表FW大迫勇也がヘディングによる勝ち越しゴールを決めた瞬間が、それぞれ2位と5位にランクインする結果となった。

「もちろん大会このベスト5は次々と更新されるものですが、この時点で、サムライブルーに関するモーメントがトップ5のうち、2つを占めたことは大きなトピックと言えるんじゃないでしょうか。しかも3位が前回大会王者のドイツ代表がメキシコ代表に負けた瞬間です。日本の勝利は、この大会を揺るがす超サプライズ試合よりもツイッター上で注目されていたということになり、今後の日本代表のモチベーションにもつながりそうなデータとなりました」(スポーツライター)

 なお、20日時点での首位となった瞬間は、グループステージ最大の注目カードであるポルトガルvsスペインのゲームでクリスティアーノ・ロナウドがハットトリックを達成した瞬間。日本が第2戦のセネガル戦でも2回リードされて追いついて、引き分けに持ち込む健闘を見せるなど、ますます盛り上がりを見せるW杯だが、世界を震わせる「圧巻のモーメント」はまだまだ増えていきそうだ。

(木村慎吾)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
4
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
5
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”