社会

日本激震列島“逃げ場なし”(2)「群馬の震度5でわかった首都直下地震に備えよ」

 大阪北部地震の発生で、専門家が口をそろえて指摘するのが、「今後数十年以内に南海トラフ地震が発生する」というものだ。だが、それだけだろうか。今回の地震発生のみならず、日本列島そのものがきわめて活発な地震地帯であることは間違いないようだ。

 東海大学海洋研究所地震予知・火山津波研究部門長の長尾年恭教授に聞いた。

「長期的に見れば、2016年4月に発生した熊本地震(M7.3)、同年10月に起きた鳥取中部地震(M6.6)、今年4月に起きた島根県西部地震(M6.1)、そしてまた今回の地震も、来たるべき南海トラフの巨大地震が最終段階に入ったと位置づけられると思います。前回の南海トラフ地震の前には鳥取地震、河内大和地震などが発生したことが知られていますが、さらに歴史を遡って見ていきますと、1925年の北但馬地震(M6.8)などもあったことがわかっています」

 関西圏で記憶に新しいのは、1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災(M7.3)だろう。神戸の繁華街はもとより、兵庫県全域に及んだ犠牲者は実に6434名。さらには、5年前の2013年には淡路島地震(M6.3)も発生しているだけに、西日本もまた、常に巨大地震の危険にさらされていると言っていい。

 それだけではない。今回の大阪北部地震の震源と有力視されている有馬-高槻断層帯は約400年前、慶長伏見地震が発生しており、日本列島を東西に走っている中央構造線が活性化するだけでなく、他の場所でも地震が起こる可能性はあるのか、気になるところだ。長尾教授は言う。

「今回の震源が有馬-高槻断層帯によるものかはまだ議論が分かれています。ただ、熊本地震の発生もありましたし、中央構造線沿いの地震活動が活発化するという可能性はあります。また、M6クラスの地震は日本中、どこでも発生する可能性があります」

 つまり、日本列島のどこにも「逃げ場はない」というのである。しかも、約400年前の慶長伏見地震では、大規模地震が三つ続いたため、大地震が連鎖する可能性についても、慎重ながら注意を呼びかけている。

「熊本地震からすでに26カ月が経過しています。ただ、地学的には1週間も26カ月もあまり変わらないという考えもあります。現時点では、(中央構造線の他の場所で起こる)可能性はないと言い切ることは科学的ではありませんね」

 日本最大の断層である中央構造線は西は九州から東は関東にまで延びているため、首都直下地震につながる可能性についても聞いてみたが、

「今回の地震が直接、首都直下地震の引き金になることはありませんが、首都直下はこの地震と無関係に、発生がきわめて切迫していると考えるべきです」

 実際、6月17日には、群馬で震度5弱という地震があったばかりだが‥‥。

「群馬の地震は関東地方の地震活動が活発化しているという証拠になるかもしれません。群馬県は非常に地震が少ないのです」

 そして、千葉で続いている震度3程度の地震についても、M7クラスの地震がありうると指摘する。

「千葉のスロースリップは繰り返し発生しています。M8クラスの巨大地震は現時点では発生の可能性は低いと思われますが、M7クラスの発生が房総であるかもしれません」

 もはや例外なく、日本国民は、我が家の震災対策を考えるべき時期に来ていると言えるだろう。

長尾年恭(東海大学海洋研究所)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレビ朝日の長寿ミステリー連続終了で外濠が埋まった「相棒」「科捜研の女」の幕引き
2
木村拓哉がウーバー配達員に…「ゴゴスマ」サプライズ出演で大阪府民が大激怒
3
「巨人軍のニセ紳士」坂本勇人の鬼畜スキャンダル「再クローズアップ」の舞台裏
4
局員激白!加藤浩次「スッキリ」が打ち切られる「本当の原因」
5
ぽっちゃり好きは今見ておくべし!フジテレビ・渡邊渚の「爆食い体型」がイイ!