芸能

河北麻友子、「ヒルナンデス!」での胸見えに「マナ板だけどタマらない」の声

 胸の主張は控えめだけど、見られたことに意味がある?

 河北麻友子が、6月22日に放送された自身が金曜レギュラーを務めるお昼の情報番組「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)に出演。艶アクシデントを披露し、男性視聴者を大いに沸かせたようだ。コトが起こったのは、場所や世代を超限定したランキングのトップテンを当てる「超限定マーケティング」のコーナーでのこと。この日は「30~50代男性に聞いた兄弟・姉妹で活躍する有名人」ランキング当てに挑戦。河北はフィギュアスケーターの本田真凜、望結、紗来の本田三姉妹の名前を挙げ、みごと8位を的中させている。また、得点2倍チャンスとして「1歳からスケートを始めた本田真凜が人生で初めて○○した瞬間もリンクの上だった」という、○○の部分を当てる本田真凜に関するクイズも出題されていた。正解は「“初めて立った”瞬間がリンクの上だった」というクイズだが、河北は「初めて歩いた」「初めてハイハイした」と、いいセン行っているものの、なかなか答えにたどり着かず、結局、不正解に。

 そんな中で、進行役の有吉弘行は「『ハイハイ』と、『歩く』の間だから」と、ヒントを出し、河北は実際にハイハイしてから歩く動きをする展開に。素直な河北はハイハイの体勢から立ち上がる動きを見せたのだが、この日の河北は肌見せも多い衣装だった。それで、ハイハイから立ち上がる際に、胸元で衣装と肌の間に隙間ができ、中が見えたと視聴者の間で話題になっているのだ。ほんの一瞬な出来事ではあるものの、動画をわざわざコマ送りで画像として保存した一部の人々がネット掲示板で盛り上がり、「パット見えも興奮する」「まな板だけど、お宝感はあるな」「必死に胸を盛ろうとしてる感じもいいね」と、大いに喜んでいたようだ。

「モデル体型の河北ですが、共演者に微バストをイジられたりと、お世辞にも胸があるほうとは言えません。ただ、今回に関しては微バストだからこそ、服との間に隙間ができたわけです。もっとも、胸そのものというよりはパットらしきものが見えただけですが、それでも、必死に肌見せを頑張っている姿にたまらない思いになった人も多かったようですね。また、小島瑠璃子やマギーなどが、曜日違いでレギュラー出演していることもあって、『河北と同じことをこじるりやマギーにやらせてほしかった』などといった声も上がっていましたね」(エンタメ誌ライター)

 男は興奮する。河北にはぜひ自身のボディに自信を持ってほしいところだ。

(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え