芸能

綾瀬はるかも絶句?「半分、青い。」佐藤健への辛辣発言に視聴者がドン引き!

 7月5日に放送された永野芽郁主演の朝ドラ「半分、青い。」(NHK)第82話の視聴率が、23.2%だったことがわかった。この数字は、大阪地震の影響で放送が1日延びた6月19日に並ぶ、最高視聴率だという。

「視聴者から大好評のうちに漫画家編が終了し、今回から新章『人生・怒涛編』がスタートしました。出演者もガラリと変わり、新章では映画監督役の斎藤工と、その弟子の間宮祥太朗。そしてキムラ緑子、麻生祐未、須藤理彩演じる謎の3姉妹が次々と登場したため、視聴者から大きな注目を集めたようです」(テレビ誌記者)

 今後も最終回に向けて、さらなる高視聴率が予想される。だが、ドラマの視聴率や世間の評価は好調である一方、脚本家・北川悦吏子によるツイッターの発言には、疑問の声が多く寄せられているという。

「北川氏は7月4日のツイッターで、最近、ドラマに登場していない佐藤健演じる律について触れ、『みなさん、そろそろ律に会いたくないですか? そんなことは、ないんですか? TBS見ればいいんですか? 私は、見ませんよ』と、7月から佐藤が出演する綾瀬はるか主演のドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)に関するものと思われる内容をツイート。これに対し一部視聴者は『わざわざ見ないとか言う必要ある? “みんなも見ないよね?”って言ってるように感じる。主演の綾瀬はるかもこの発言を知ったらビックリするかも』『自分の作り上げた人物を真摯に演じてくれた俳優に失礼では?』『あなたの作品が大好きなファンを、これ以上ドン引きさせないで!』と辛辣な意見が殺到しました」(前出・テレビ誌記者)

 その後、炎上を察知してか北川は「私は自分がその人を書いている時、その人の他の作品は一切見ません。健くんの『いぬやしき』も見ていません(興味あるけど)。なぜなら自分の書く役が揺らぐから(略)」と説明。見ないという選択は彼女の創作に対するスタイルのようだが、今回はそれを公言したことで、一部視聴者の反感を買ってしまったようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
綾瀬はるかも関係!?長澤まさみ、「ドラゴン桜」で“下半身見せ”覚悟の裏事情
2
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
有吉&夏目、“バレなかった逢瀬現場”を推察した今田耕司の「意外な着眼点」
5
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場