芸能

吉岡里帆、漫画誌最新グラビアが期待外れすぎて「面倒くさい女優」認定か!?

 もはや水着はおろか、胸元すら見せてくれないのか。7月11日発売の「週刊少年マガジン」で表紙&巻頭グラビアに登場した吉岡里帆がファンをガッカリさせている。

 同誌のグラビアで吉岡は、オール着衣のグラビアを披露。中面では脇の大きく空いたニットのタンクトップをまとい、脇から連なる脇腹の色白さを見せつけるカットもあるものの、自慢のバストをアピールするようなポーズは皆無だ。オーバーオールを着たカットではデコルテこそ全開にしているが、肝心の渓谷はごくささやかにチラッと見せているだけで、男性ファンの期待を完全に裏切る形となった。

「これではいったい誰のためのグラビアなのか。女性誌に載せるようなグラビアを、少年誌とはいえ、水着グラビアが当たり前のマンガ誌に掲載する理由がわかりません。もはや読者のためではなく、吉岡自身の自尊心を満たすことが目的なのではと疑いたくなってしまいます。17日にスタートするドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)では主役を務めますし、版元側がご機嫌取りに今回のグラビアを企画したのであれば、『扱いが面倒くさい女優』になってしまった可能性もあり得ますね」(出版関係者)

 そんな吉岡は7月9日に行われたドラマの制作発表で「一つ一つのシーンの積み重ねで心に残る作品になるよう自信を持っていきたい」と意気込んでいた。

「前向きなのはいいことですが、1月期の『きみが心に棲みついた』(TBS系)で連ドラ初主演を果たし、すぐに2作目の主演も決まったことで、過剰に張り切っている可能性もあります。つい2年前まではEカップバストの水着グラビアで人気を博していたのに、もはや『私はドラマ主演女優』という雰囲気を醸し出しているようで、変わり身の早さには感心しますね」(芸能ライター)

 せめて「きみが心に棲みついた」の時と同様に、作中での肌見せに期待したいところだが、今回の役どころは新人ケースワーカーの公務員。どうやらその可能性は小さそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
4
NHK桑子真帆は「コンバート」も鉄壁守備不変!女子アナ「仁義なき契約更改」
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性