芸能

闇に葬られた「放送禁止」作品(1)お蔵入りとなった佐々木希の“初夜シーン”

 まさか、そんな日が来るとは夢にも思わなかっただろう。スタッフも出演者も心血をそそいで作り上げた映像が、思いがけないそれぞれの理由で「放送禁止」に認定される──。そんな闇の歴史を、映画やドラマだけでなく、アニメもバラエティも含めて大公開!

「Jimmy」(2017年、NETFLIX)

 よりによって、今やらかしたのか…というのが当時の関係者の偽らざる気持ちだろう。昨年6月、女子高生との不適切関係により無期限活動休止となった小出恵介だが、NHKで初主演ドラマが控えるなど、ピークにあった時期。明石家さんまプロデュースの「Jimmy」では、さんまに扮する大役であったが、玉山鉄二に交代して撮り直しに。

「一茶」(17年、KADOKAWA)

 佐々木希が初夜のシーンで初めての艶技を披露するという触れ込みだった「一茶」は、昨年10月の公開予定が暗礁に乗り上げたまま。その要因は、出資者の1つだった「一般財団法人 日本機構」からの資金繰りが悪化したため。さらに、心労が重なったのか吉村芳之監督が最終カットを撮り終えると同時に他界と、公開は困難となった。

「青の帰り道」(製作委員会、18年)

 16年8月、群馬・前橋のビジネスホテルの女性従業員に暴行を加えたとして芸能界から追われた高畑裕太。そのホテルには、真野恵里菜の主演映画の撮影で滞在していたのである。映画の完成が危ぶまれたが、昨年8月に戸塚純貴を代役に立てて撮影再開。年内には公開の見通し。ちなみに高畑は遺品整理のアルバイトについた。

「相棒」(02~18年、テレビ朝日系)

 人気シリーズの「相棒」は、平日昼間の再放送も安定した視聴率を獲得している。ところが、立て続けに受難に追い込まれたのは、16年12月に、3代目の相棒だった成宮寛貴が芸能界を突然引退してから。テレ朝はその枠を「科捜研の女」に差し替え、その後はシーズン1~10まで出演していた高樹沙耶の逮捕と負の連鎖に。

「空蝉の森」(14年、ニューウェーブ)

 09年の違法薬物事件から再起した酒井法子の「本格的な復帰作」として予定されていた。すでに撮影は終わり、かなり妖艶なシーンもあると発表されていた。ところが、制作した会社が14年5月21日にまさかの破産。一部には酒井を起用したことでスポンサーが集まらなくなったとも推測されるが、新たな金主は見つかるだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旅サラダ」の宿命!神田正輝9月降板で「次のターゲット」はいよいよ勝俣州和
2
阿部監督の苦悩…巨人・新外国人モンテスの快音デビューをかき消す2軍投手陣「連続炎上事件」
3
藤浪晋太郎が乱入!阪神エース・才木浩人のインスタライブで岡田彰布監督をイジリ倒した
4
巨人・阿部監督が不満ブチまけ!「門脇誠より新外国人モンテス」正遊撃手争いの厳しい現実
5
オリックスで塩漬けのT-岡田を阪神・岡田彰布が「選手兼任コーチ」で引き取るって!?