芸能

闇に葬られた「放送禁止」作品(1)お蔵入りとなった佐々木希の“初夜シーン”

 まさか、そんな日が来るとは夢にも思わなかっただろう。スタッフも出演者も心血をそそいで作り上げた映像が、思いがけないそれぞれの理由で「放送禁止」に認定される──。そんな闇の歴史を、映画やドラマだけでなく、アニメもバラエティも含めて大公開!

「Jimmy」(2017年、NETFLIX)

 よりによって、今やらかしたのか…というのが当時の関係者の偽らざる気持ちだろう。昨年6月、女子高生との不適切関係により無期限活動休止となった小出恵介だが、NHKで初主演ドラマが控えるなど、ピークにあった時期。明石家さんまプロデュースの「Jimmy」では、さんまに扮する大役であったが、玉山鉄二に交代して撮り直しに。

「一茶」(17年、KADOKAWA)

 佐々木希が初夜のシーンで初めての艶技を披露するという触れ込みだった「一茶」は、昨年10月の公開予定が暗礁に乗り上げたまま。その要因は、出資者の1つだった「一般財団法人 日本機構」からの資金繰りが悪化したため。さらに、心労が重なったのか吉村芳之監督が最終カットを撮り終えると同時に他界と、公開は困難となった。

「青の帰り道」(製作委員会、18年)

 16年8月、群馬・前橋のビジネスホテルの女性従業員に暴行を加えたとして芸能界から追われた高畑裕太。そのホテルには、真野恵里菜の主演映画の撮影で滞在していたのである。映画の完成が危ぶまれたが、昨年8月に戸塚純貴を代役に立てて撮影再開。年内には公開の見通し。ちなみに高畑は遺品整理のアルバイトについた。

「相棒」(02~18年、テレビ朝日系)

 人気シリーズの「相棒」は、平日昼間の再放送も安定した視聴率を獲得している。ところが、立て続けに受難に追い込まれたのは、16年12月に、3代目の相棒だった成宮寛貴が芸能界を突然引退してから。テレ朝はその枠を「科捜研の女」に差し替え、その後はシーズン1~10まで出演していた高樹沙耶の逮捕と負の連鎖に。

「空蝉の森」(14年、ニューウェーブ)

 09年の違法薬物事件から再起した酒井法子の「本格的な復帰作」として予定されていた。すでに撮影は終わり、かなり妖艶なシーンもあると発表されていた。ところが、制作した会社が14年5月21日にまさかの破産。一部には酒井を起用したことでスポンサーが集まらなくなったとも推測されるが、新たな金主は見つかるだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石原さとみ、「お団子ヘア」が発端で浮上した「脱毛に関する疑惑」
2
アンダーウェアで外出か!?男子を騒然とさせたマギーのデート写真
3
さらば森田「ギャラ未払いの超人気バラエティ番組」告発で飛び交う憶測!
4
「帰れ!」巨人・原監督が坂本勇人に激怒した“1打席で強制帰宅”の裏
5
吉岡里帆「先っちょ咥え込み写真」が“アレにしか見えない”大興奮の声!