芸能

2018隠れ爆裂バスト美女「最新番付」(2)二階堂ふみは完脱ぎ映画で“ふんわりバスト”披露

 いつも大胆な水着姿を見せてくれるグラドルたちには、もちろん大感謝である。それとは別に、春の装いとともに見え隠れする「えっ? あの子って意外なふくらみ!」というサプライズもありがたいもの。これまで「横綱」だった吉岡里帆は殿堂入りということで、彼女に続く逸材を一斉リサーチした。

     *

東前頭筆頭 ホラン千秋(キャスター) B86・W60・H89

 かつて局アナを目指して破れた夢が、タレントとしての知名度を上げて「Nスタ」のメインで実現。気分上々、胸もふくらむばかり。

西前頭筆頭 貫地谷しほり(女優) 推定84センチ・Eカップ

 報道陣の前に肩から胸元までを露わにしたドレス姿で登場した際に、意外なふくらみを見せつけた。「どう、左手の人もちゃんと見えてる?もっと角度をつけるから撮影チャンスよ」そんな声が聞こえそうな、朝ドラヒロインの発育がスゴイ。

東前頭2 紫雷イオ(プロレスラー) 推定93センチ・Eカップ

 3年連続で女子プロレス大賞に輝く実力者で、さらに今年はセミ脱ぎ写真集まで発売してしまう才色兼備。脳天くい打ちの色香だ。

西前頭2 山本美月(女優) B77・W59・H85

 あまりバストラインで語られることはなかったが、しゃがみ込んだ瞬間、そこにはみごとな切れ込み! 女優の武器が1つ増えたかも。

東前頭3 岩垂かれん(プロスノーボーダー) 推定87センチ・Eカップ

 平昌五輪の解説番組で一躍「あの美人は誰?」と話題。正解はプロのスノーボーダーだが、グラビアでも争奪戦必至の美貌とボディ!

西前頭3 森星(モデル) B82・W57・H87

 同じモデルでも姉・泉はシャープな体だが、妹・星は曲線に満ちたボディを大胆に見せつける。軍配は妹の押し出し!

東前頭4 三浦瑠麗(国際政治学者) 推定89センチ・Fカップ

 ネット上で炎上することも多い硬派な論客は、クールな美貌で中高年世代の支持が高い。そしてさらなる武器は、熟したオンナの豊満なバスト。

西前頭4 佐藤綾乃(スピードスケート) 推定98センチ・Gカップ

 悲願の金メダルを獲得した女子パシュートチーム。太腿の張りはメンバーの誰もが立派だが、胸元に目をやると、若き佐藤の圧勝。

東前頭5 二階堂ふみ(女優) 推定83センチ・Eカップ

 ついに、芸能界きっての隠れた豊かなバストの持ち主とウワサされた二階堂が映画で完脱ぎ姿を披露。「ゴチになりたい」ほどの“ふんわり乳”でした。

西前頭5 高木里代子(ジャズピアニスト) 推定90センチ・Gカップ

豊かなバストの女子が机に「よいしょっと」と乗せる光景はあるが、まさかのピアノの鍵盤乗せ。さすがである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
3
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性