芸能

夏ドラマヒロイン8人「色香激化」現場(3)共演女子からモテモテの土屋太鳳

 7月14日にスタートした日本テレビ系「サバイバル・ウェディング」で、波瑠(27)が“3年連続の連ドラ主演”を果たした。

「半年以内に結婚しないと会社をクビになる」という“スパルタ婚活”に挑むヒロインを演じる。コメディタッチであるものの「艶シーンも楽しめる作品」との指摘がある中、テレビ誌記者はこんな見方を。

「このドラマに関して彼女自身が『今までで最も素の自分に近い役柄』と語っているんです。作品の中盤にベッドシーンがあると言われているのですが、この発言を踏まえることで、“波瑠のプライベートのベッドシーン”として見ることができますよ」

 TBS系「チア☆ダン」では、土屋太鳳(23)がヒロインを務める。彼女のセクシー露出がしきりに予想されているが、理由は“ライバル心”からだ。

「クランクインに備え、数カ月前から走り込みを行うなど、『チア☆ダン』にかける土屋の熱意がすごい。その原動力が、映画版『チア☆ダン』(東宝)でヒロインを務めた広瀬すず(20)への対抗意識なんです。彼女は広瀬と4年前からチョコレートのCMで共演しているのですが、当時から『芝居では負けたくない』と、広瀬への対抗心を周囲に語っていた。負けず嫌いの土屋が、映画版で広瀬が見せた“ミニスカ大開脚”以上の露出を、ドラマ版で見せてくれるはずです」(広告代理店関係者)

 そんな土屋は、撮影現場であらぬ憶測を呼びそうな姿が目撃されている。

「彼女は石井杏奈(20)ら共演者の女子たちからモテモテで、いつも現場でイチャイチャじゃれあっているんですよ。今年9月に公開される主演映画『累─かさね─』(東宝)で土屋は、芳根京子を相手にキスシーンを披露しているのですが、『チア☆ダン』共演者たちがこの映画をマネて土屋にキスを迫っている。土屋もしかたなさそうに、何人もと女子同士のキスに応じています」(ドラマ関係者)

 先日、ネットにアップした自撮り写真が熱愛説の相手「山崎賢人にそっくり」と話題になった土屋。オンナにモテる外見なのは間違いなさそうだ。

 TBS系「この世界の片隅に」では、松本穂香(21)が3000人のオーディションからヒロインに抜擢された。携帯電話会社のCMにも出演している彼女は今年、透明感のある清純派女優として大きくブレイク中だ。先の広告代理店関係者が明かす。

「『この世界の片隅に』で共演する二階堂ふみ(23)が熱心に“脱がそう”としているんですよ。7月に発売されたコミック雑誌でドラマの告知を兼ねた企画として、二階堂がカメラマンになって撮った松本のグラビアが掲載されたのですが、それから二階堂は松本に『今後、もっと露出したほうがいい』『私も映画でヌードを見せて、一皮剥けた』としきりに脱ぐことを勧めているんです。もともと松本は二階堂を女優として尊敬していたこともあり、大きく傾いているようです」

 はからずも、同ドラマのキャスティングがそうした雰囲気を助長しているという。

「二階堂のほか、宮本信子、尾野真千子と、映画でヌードを披露して脚光を浴びた女優ばかりです。松本が多大な影響を受けることは確実で、清純派路線で売りたい彼女の所属事務所が軌道修正を余儀なくされるかもしれません」(広告代理店関係者)

 エロス満載の夏ドラマ。ますますのハプニングに期待したい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
後輩芸人に弱気発言も…石橋貴明の“凋落の現場”をスクープ詳報!
2
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「蚊?」「もう夏じゃない!」…TBS宇垣美里、“公然キスマーク”にネット民大混乱
5
大好評「激レアさんを連れてきた。」に“打ち切りの危機”が囁かれる深刻理由