スポーツ

「日本の4番」筒香嘉智が悔しさを味わった「夏の甲子園」09年神奈川県予選!

 神奈川の強豪・横浜で1年生時から4番を任され高校通算で69本塁打を放った筒香嘉智(横浜DeNA)。2008年、高校2年時の夏の第90回選手権では1試合個人最多タイとなる8打点をマークするなど大活躍を見せたが、翌年は春夏ともに予選で敗退し、甲子園出場を逃している。特に筒香にとって痛恨だったのは最後の夏だろう。

 09年の神奈川県予選準々決勝の横浜隼人戦。試合は7回を終わって3‐9と横浜が6点のリードを許す展開となっていた。しかし、横浜は打線が奮起して8回表に2点を返すとさらに2死一、二塁のチャンスを掴み、打席には筒香。4点差はあったが、ここで何と横浜隼人ベンチは敬遠を選択する。というのも、4回表の第3打席で、筒香は捕球したセンターを弾き飛ばしそうになるほどの火の出るようなライナー性の当たりを放っていたからだ。点差が点差だけに「正々堂々と勝負してほしかった」とは試合後の筒香の談である。

 そしてこの敬遠はこの後の筒香に心理的な影を落とした。4点差のまま迎えた9回表。横浜打線が底力を見せ一挙4得点し同点に。なお、1死二、三塁という勝ち越しの状況で筒香に打席が巡ってきた。当然、再度の敬遠策でもおかしくない場面である。案の定、捕手は外角のボールゾーンへ構えたことで「また敬遠か」と緊張の糸が切れてしまった。

 だが、横浜隼人のエース・今岡一平が投じた初球は外角低めへのチェンジアップ。2球目も同じコースだったが、筒香は2球連続で空振りしてしまう。このあと外角へ直球が2球続き、5球目。この打席で初めて投じられた内角への直球を捉えるも、一塁への平凡なゴロに終わり、勝ち越しはならなかった。外の球が続いた中で急に内角を攻められて身体の開きが早くなってしまったのだ。芯で捉えることができず、バットの先端に当たっただけに終わってしまったのである。

 結局、試合は残酷な幕切れを迎えることになる。延長10回裏。2死無走者から、サードゴロを処理した筒香が一塁へ悪送球。2死二塁というサヨナラのピンチを作ってしまう。そして横浜隼人の次打者がライト前へタイムリー。9‐10でサヨナラ負けを喫し、筒香の最後の夏が終わったのだった。

(高校野球評論家・上杉純也)=敬称略=

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
渡部建、「ガキ使」放送前に「『ワイドナショー』で謝罪」の“衝撃予測”急浮上!
2
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(3)『ギャル枠』はみちょぱの一人勝ち
3
田村淳から有吉弘行にバトンタッチ!M-1芸人の壁ナメネタでナイス連携
4
太川陽介のバス対決旅最新回が早くも登場!Zチームと禁断の対決を望む声が!
5
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(1)本田翼は楽屋での毒づきが…