芸能

下腹部に集中放水!? 藤田ニコル、岸明日香が競泳水着姿で見せたオンナの顔!

 まさかの艶カット連発に男たちのテンションも急上昇したようだ。

 7月20日に放送されたバラエティ番組「金曜★ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)の「ロンハー水泳2018」で、藤田ニコルや岸明日香をはじめ女性タレントたちが水着姿で躍動して、番組を盛り上げた。同企画では男女28名のタレントたちが真剣バトルを繰り広げるということもあって、胸元を露出させた水着ではなく、ハイレグな競泳水着を着用していたが、艶っぽいシーンも数多く見られた。特に話題となったのが水上に設置した浮島の上で相撲をとり、プールに落下すれば負けという「水上相撲」での岸vsお笑いコンビ・相席スタートの山崎ケイとの1戦。

 試合前に意気込みを聞かれた岸は「相撲だったら勝てると思います」と自信をのぞかせていたが、対する山崎は「私は男性が楽しめる相撲をとろうと思ってるので」と意味深な発言をして、スタートした1戦だったが、山崎はスタートするなり岸の脚を開かせ、どうしても下腹部に視線がいくようなポーズをとらせ、共演者たちを沸かせていた。

 その後、山崎は仰向けになった状態で、あえて岸を自分の上に跨らせると、岸のまわしをつかみ、何故か上の方に持ち上げると、岸は身体を仰け反らせ、恥ずかしそうな表情を見せていた。パッと見では山崎が岸を突き上げているようにも見え、その時の岸の表情がまるで絶頂に達した瞬間のようにも見えたこともあって、まるで男女の営みの定番体位を見ているかのようなやりとりに思わず共演者たちからも「ケイちゃん! 大丈夫か?」と、やりすぎと指摘するような声が上がっていた。これにとどまらず、カメラにヒップを向けるように岸をよつんばいにさせた状態で脚を開かせたりと、山崎は終始男性を楽しませる相撲を展開。そのため、この攻防に男性視聴者からは「岸、完全に地上波で絶頂に達してるじゃん」「これ、騎乗しちゃってるやん」「岸さん、めっちゃ艶っぽいな。普通に興奮した」「ニコルも下半身狙われてたしな」といった意味の喜びの声が上がっている。

「また、敵チームからの放水に耐え、水上の不安定なマットの上で縄跳びをする『水上放水縄跳び』でも、放水を担当する山崎は『丹田(たんでん)を狙う』と宣言していたが、頑張って縄跳びをする藤田の下腹部をピンポイントで狙い、藤田も思わず、途中そこを手で押さえる場面が見られました。共演者からは『丹田じゃねえだろ』といったツッコミも飛んでましたね。藤田も思うように縄跳びができず、チャレンジが終わった後には『全然脚が上にあがらない』として、下腹部の『なんか…ちょうどいい位置に…』と漏らすなど、しっかり敏感なポイントをとらえていたようです。男性視聴者も当然、興奮していたようで、見せ場を演出してくれた山崎には感謝しかないでしょうね」(エンタメ誌ライター)

 ただし、昨年5月に放送された同企画では、有村藍里がM字に脚を開いた状態でまるで行為中を彷彿させるような激しい突き上げる動きを見せ、視聴者を沸かせたが、今年は有村の姿はなかった。艶っぽさで見せ場を作ったからといって、次回も番組に呼ばれるのかは微妙なところだが、男性視聴者を満足させたことは間違いないだろう。

(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】