スポーツ

2018夏競馬「儲かる騎手」ランキング(2)「千直の菜七子」は4~8枠で狙え!

 昨夏の新潟は、戸崎圭太(38)が17勝と暴れまくり、12勝の石橋脩(34)、11勝の岩田康誠(44)、9勝のM・デムーロ(39)を制して、新潟リーディングに輝いた。

「新潟のトータルで見ても複勝率が52.8%あり、複勝回収率は94%です。人気の盲点になるようなケースも多く、期待値は意外と高めです」(伊吹氏)

 その中でもオイシイ配当が狙えるのは、芝・外回り(1600メートル、1800メートル、2000メートル)だ。

「前走が中央場所からの馬に限ると、複勝率が75.9%、複勝回収率は146%とアップします。東京開催などから直行してきた馬であれば、人気薄でも見逃せません」(伊吹氏)

 美浦担当の専門紙記者は、戸崎について次のように話す。

「注目するのは内田博幸(47)から乗り替わりの芝レース。2人は同じエージェントですが、内田の調子が下降気味です。エージェントが『戸崎は地方出身だけど剛腕タイプではなく、ソフトに折り合いをつけて切れ味を引き出すタイプ。まったく逆にもかかわらず、内田向きの馬を戸崎に頼んでくるんだよ』とボヤいていました。逆に見れば、ダートの戸崎は過信禁物でしょう」

 昨夏は5日間ほど小倉に参戦したデムーロだが、主戦場は新潟となる。

「芝1800メートル以上のレースで好成績を収めていますが、前走が新潟以外の競馬場だった馬とコンビを組んだ場合は複勝率71.9%、複勝回収率が120%になります。また、関西馬なら複勝率が84.2%、複勝回収率が136%と非常に優秀です」(伊吹氏)

 新潟といえば「千直の菜七子」といった格言も聞かれ始めている藤田菜七子(20)を忘れてはいけない。

「複勝率27.6%、複勝回収率111%で、4~8枠に限れば複勝率38.9%、複勝回収率170%。芝・直1000メートルに限れば、トップ級の安定感と配当的な妙味を兼ね備えています」(伊吹氏)

 昨年、芝レースであげた4勝のうち、3勝がこの舞台。今夏も得意なコースでの活躍が期待できそうだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ永島優美、激し過ぎる本格ダンスでやっぱり見えちゃった“バストの奥”!
2
石川佳純が“極太棒”を手に…思わずニンマリの妄想爆発ショットとは?
3
いまだ和解できず!フジモンとバッファロー吾郎・木村が絶対共演しない理由
4
あの「りさお姉さん」が強そうになってる!ガッチリ化にパパたちの涙
5
モザイク?ミラクルひかる、モノマネより「不自然バスト」で視聴者騒然!