スポーツ

天才テリー伊藤対談「長与千種」(2)全盛期はほぼ毎日試合していたの!?

テリー 前に会った時は、たしか長与さんは、つかこうへいさんの舞台をやられていましたよね。

長与 「リング・リング・リング」の時ですね、あれは91年です。

テリー ということは、27年前? もうそんなにたつんだ。しかし、演者としてつかさんの目にとまるって、今考えてもすごいことじゃないですか。稽古や現場は相当大変だったんじゃないですか。

長与 いやあ、大変というか、わけがわからなかったですね。

テリー だって、つかさんの舞台だからセリフも多かったでしょう。

長与 セリフは、もうその日その日で変わっていました(苦笑)。それが1ページじゃなくて、平気で2~3ページとかのレベルで。

テリー そんなの、よく覚えられたね。俺、絶対無理だわ。

長与 基本、口立て(稽古場での芝居の流れを見て浮かんだセリフを口頭で演者に伝えて、芝居をまとめること)だったんですが、体を動かしながらセリフを入れるスタイルが自分には合っていたみたいですね。1日9時間ぐらい稽古したあと、必ずつかさんに焼き肉屋に連れていかれました。毎日、痛風になるぐらい食べていましたから(笑)。

テリー その時、つかさんはどんなことを話されていたんですか。

長与 つかさんはいつも「女子プロレスラーは信用できる。こいつら1面じゃなくて、4面の世界で自分を見せているからな」っておっしゃっていました。

テリー へー、どういう意味ですか。

長与 プロレスラーはリング上で、前後左右の4方向から見られていますから。「だからこいつら、スキがないんだよね」って。

テリー なるほど、おもしろい感覚だなァ。じゃあ、舞台は長与さんに向いていたんだ。

長与 基本、舞台もプロレスもライブなので、抵抗は全然なかったです。

テリー やっぱり長与さんは肝が据わっているよ。その前には、ライオネス飛鳥さんと組んだ「クラッシュギャルズ」で大人気だったけど、当時は大変だったでしょう?

長与 そうですね。とにかく忙しくて、覚えているだけで年間最高310試合もやったんですよ。

テリー うわー、ほぼ毎日じゃないですか。

長与 地方・海外巡業も多くて、家にいないことのほうが多かったですし、当時の若い人たちが楽しむようなことは一切経験していないです。

テリー あの頃は全日本女子プロレスの道場が目黒にあって、いつもすごい数のファンが取り囲んでいたよね。

長与 そうです。自分たちが出させていただくようになってから、事務所も様変わりしていきました。新しくビルも建ちましたし。

テリー そりゃ、相当、儲かったんだね。

長与 だと思います。会場は毎回ソールドアウトでしたし、85年に日本武道館でやった時は、会長が控え室にいらして「物販が、アッという間に1500万売れちゃったよ」ってうれしそうに言っていましたからね(笑)。でも、最近「当時これ買ったんです」っていろんなグッズを見せていただく機会があるんですが、一切知らなくて(笑)。

テリー あらら。じゃあグッズのお金は入ってこなかったんだ。全盛期の年収はどれぐらいでした?

長与 全日本女子プロレスって、どんぶり勘定なんですよ(苦笑)。儲かったらドーンとくれるんですが、月給は決まってなくて、1試合5万円ぐらいの時もあれば、100万円っていう時もありましたしね。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石橋貴明もショック?「細かすぎモノマネ」に木梨憲武が出演しない理由
2
松本人志、BTS原爆Tシャツ問題に“号泣マジギレ”も十分ありえた「過去言動」!
3
視聴者大パニック!有村架純「中学聖日記」公式サイトが衝撃展開を示唆!?
4
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…
5
高橋一生主演「僕らは奇跡でできている」の北香那に絶賛の声があがる理由