スポーツ

「サボリのマツ」を“平成の怪物”に変えた97年神奈川県大会での“苦杯”

 1998年に甲子園11連勝を記録し、史上5校目の春夏連覇を達成した横浜(神奈川)。その中心にいたのが“平成の怪物”松坂大輔であった。彼を“平成の怪物”へと進化するために、どうしても必要だったのが、松坂が高校2年生時の97年第79回夏の選手権神奈川県予選準決勝の横浜商(=通称・Y校)戦である。

「ここまで来たら、戦う相手は強豪ばかり。ただ、準決勝のY校戦に勝てば、決勝戦は春の県大会決勝でも戦って、手の内がわかっていた桐蔭学園。だからこの一戦が非常に大事な試合になると思っていました」

 と、のちに松坂本人が語った通り、この大一番で松坂の右腕が冴えた。7回までY校打線を被安打2の1失点に抑えたのだ。

 その一方で味方打線は10安打を放つも奪った得点はわずか1点。1‐1の同点で試合終盤を迎えていた。だが、8回表に横浜が待望の勝ち越し点をあげ、2‐1とリードする。あとは松坂が残り2イニングを抑えるだけだった。

 しかし、松坂の運命が暗転したのは9回裏だった。先頭打者を7イニングぶりとなるヒットで出塁させてしまうと、続く打者の送りバントが内野安打となり、長打一発で逆転サヨナラ負けのピンチを招いてしまったのだ。続く打者に送りバントでランナーを進められると、一、二塁間を抜けるライト前タイムリーを浴び、試合は振り出しに。

 なおも1死一、三塁と一打サヨナラのピンチが続く。ここで横浜ベンチはタイムをかけて伝令を送ったのだが、実はこの時伝令役を務めたのは、松坂の1学年上で現在はタレントとして活躍中の上地雄輔だった。しかし、松坂はこの大事な局面での上地からの指示をまったく覚えていなかった。次のバッターが仕掛けてくるに違いない“スクイズ”を警戒することしか考えていなかったのだ。それは、まるで走る素振りを見せなかった三塁ランナーに対しても、必要以上に敏感になっていた松坂が精神的に追い込まれていた証拠でもあった。これまでスクイズを外す練習は重ねていたハズなのだが、

「バントが難しい球を投げておけば大丈夫という気持ちがなかった。当時の自分にはそこまでの自信がなかった」

 と、次打者に安易に投げた初球が痛恨のワイルドピッチとなってしまったのである。

 この日の敗戦を境に“サボリのマツ”と言われるほど練習嫌いだった松坂が奮起した。“平成の怪物”の覚醒である。そして新チーム結成後の横浜は公式戦で無敗の44連勝。高校野球史上最強チームと呼ばれるようになっていくのであった。

(高校野球評論家・上杉純也)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
元アジアン・馬場園梓が後輩芸人に「姉さん抱かせてください」せがまれた結末
2
かまいたち山内が選んだ週刊少年ジャンプ「歴代最高マンガ」に同意の声続々!
3
新木優子、“8等身ボディ”写真でむしろ注目を浴びた「Bバスト」のカタチ
4
草なぎ剛、「芸能人格付け」で“GACKTの代役”出演希望の声が殺到中!
5
夏目三久“山ありゴムあり”「美脚14年」を真相報道する(2)アイドルアナとして大ブレイク