芸能

第二のロバート秋山も誕生!?歴代KOC王者、意外な活躍を見せた面々とは

 開催発表記者会見が終わり、7月2日から「キングオブコント2018」の予選1回戦がスタートした。今秋に決定する第11代キングの座をかけて、今年も熾烈な争いが展開されそうだ。

 同大会で上位に食い込み、ブレイクした芸人は数多い。昨年は、まったく無名だったにゃんこスターが準優勝して、スター街道を爆走した。

「コントは基本、脚本の強さと演技力が問われます。そのため、優勝者はここ数年、お笑い以外のジャンルで開花しているのが特徴です。顕著なのは14年の覇者であるシソンヌ。知名度も人気もない2人ですが、今年はじろう、長谷川忍がそろって大河ドラマ『西郷どん』(NHK)に出演しています」(芸能ライター)

 1月期クールにはじろうが脚本を手がけた「卒業バカメンタリー」(日本テレビ系)がドラマ化。長谷川は嵐・二宮和也の主演ドラマ「ブラックペアン」(TBS系)に出演している。

 ブラックペアンには、第3代王者である元キングオブコメディ・今野浩喜も外科医師の役で出演した。今野の場合は、元相方の高橋健一が15年末、高校に忍び込んで、女子高生の制服などを盗んで、建造物侵入と窃盗などで逮捕されたため、やむを得ずピン芸人に転向。ケガの功名か、以降、役者として引く手あまたの状態だ。

「シソンヌ、今野は今後も役者として活躍すると見られています。キンコメ優勝の翌11年にキングとなったロバートの場合は、歴代王者でいちばん三者三様です。もっとも地味な山本博は、プロボクシングのライセンスを取得して、14年にデビュー(すでに引退)。お笑いより料理が得意な馬場裕之は、料理愛好家の肩書きでテレビ、CM、イベントに引っ張りダコ。いちばん器用な秋山竜次は昨年、『ロバート秋山のクリエイターズ・ファイル』が大ヒット。ドラマ、CM、ムック本、個展、イベントといったコラボ企画も、軒並み当たりました」(番組制作会社ディレクター)

 ライス、コロコロチキチキペッパーズ、かもめんたる、バッファロー吾郎は、脚本家や役者、料理やコミカル系なりきり役者として活躍を見せている。“第二の秋山”は今秋、誕生するだろうか。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
4
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道