芸能

第二のロバート秋山も誕生!?歴代KOC王者、意外な活躍を見せた面々とは

 開催発表記者会見が終わり、7月2日から「キングオブコント2018」の予選1回戦がスタートした。今秋に決定する第11代キングの座をかけて、今年も熾烈な争いが展開されそうだ。

 同大会で上位に食い込み、ブレイクした芸人は数多い。昨年は、まったく無名だったにゃんこスターが準優勝して、スター街道を爆走した。

「コントは基本、脚本の強さと演技力が問われます。そのため、優勝者はここ数年、お笑い以外のジャンルで開花しているのが特徴です。顕著なのは14年の覇者であるシソンヌ。知名度も人気もない2人ですが、今年はじろう、長谷川忍がそろって大河ドラマ『西郷どん』(NHK)に出演しています」(芸能ライター)

 1月期クールにはじろうが脚本を手がけた「卒業バカメンタリー」(日本テレビ系)がドラマ化。長谷川は嵐・二宮和也の主演ドラマ「ブラックペアン」(TBS系)に出演している。

 ブラックペアンには、第3代王者である元キングオブコメディ・今野浩喜も外科医師の役で出演した。今野の場合は、元相方の高橋健一が15年末、高校に忍び込んで、女子高生の制服などを盗んで、建造物侵入と窃盗などで逮捕されたため、やむを得ずピン芸人に転向。ケガの功名か、以降、役者として引く手あまたの状態だ。

「シソンヌ、今野は今後も役者として活躍すると見られています。キンコメ優勝の翌11年にキングとなったロバートの場合は、歴代王者でいちばん三者三様です。もっとも地味な山本博は、プロボクシングのライセンスを取得して、14年にデビュー(すでに引退)。お笑いより料理が得意な馬場裕之は、料理愛好家の肩書きでテレビ、CM、イベントに引っ張りダコ。いちばん器用な秋山竜次は昨年、『ロバート秋山のクリエイターズ・ファイル』が大ヒット。ドラマ、CM、ムック本、個展、イベントといったコラボ企画も、軒並み当たりました」(番組制作会社ディレクター)

 ライス、コロコロチキチキペッパーズ、かもめんたる、バッファロー吾郎は、脚本家や役者、料理やコミカル系なりきり役者として活躍を見せている。“第二の秋山”は今秋、誕生するだろうか。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
2
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!
3
とんねるずとダウンタウンが完全和解!?“奇跡のタッグ”に向けて急加速
4
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
5
眞子様、佳子様からも選ばれなかった学習院大学から「廃校も…」悲鳴が!