スポーツ

「夏の甲子園第64回大会」池田の“やまびこ打線”が荒木大輔に襲い掛かる

 大会4日目の第4試合に徳島県勢の鳴門が登場する。四国のチームには野球が盛んで強いというイメージがあるが、実は徳島県のチームは今まで夏の選手権で1度しか優勝したことがない。

 その1度が1982年の第64回大会。攻撃的な野球スタイルから“攻めダルマ”と称された名将・蔦文也監督が率いた池田である。

 この大会、優勝候補は“甲子園のアイドル”荒木大輔(元・ヤクルトなど)を擁して5季連続出場を果たしていた早稲田実(東東京)と、この池田だった。池田のエースは四国の剛腕と呼ばれた右の本格派・畠山準(元・横浜など)。畠山は4番打者でもあり、まさにチームの要だった。この畠山擁する池田は初戦で好投手・大久保学(元・南海)と対戦。これを5‐2で下すと、日大二(西東京)に4‐3、都城(宮崎)に5‐3で勝利してベスト8へと進出する。この間、目を引いたのがエース・畠山の投球よりも豪快なチームの打撃力であった。池田攻撃陣から一振りごとに発せられる金属バット音はあまりの凄まじさから“山びこ打線”と命名されるほどの破壊力を秘めていた。中でも2回戦と3回戦では9番の山口博史が2試合連続本塁打をマークしたことから“恐怖の9番打者”とマスコミが命名、恐れられる存在となっていた。山口は2年生だった前年のチームでは5番を打っていたため、池田ナインにとってその打力は、まったく驚きではなかったという。

 そしてそのパワーが全開となったのが準々決勝である。対戦相手は早実。なんと東西の優勝候補がここで激突したのだ。この対戦が決まった時、池田ナインは負けを覚悟。畠山によれば「僕以外の3年生はみんなお土産を買いに走ってました」と言うほど帰る気満々だったというが、試合は序盤から意外な展開を見せたのである。なんと1回裏の攻撃で2年生の3番・江上光治(早大-日本生命)がライトスタンドへ特大の先制2ランを放ったのだ。この大会、ここまであまり当たっていなかった江上の一撃に池田ベンチは盛り上がった。5‐2とリードしていた6回裏には江上と同じ2年生だった5番・水野雄仁(元・読売)にバックスクリーンへの特大2ランが飛び出して7‐2。7回裏にも無死からの連打でついに荒木をノックアウト。その後、替わった石井丈裕(元・西武など)から8回裏に水野が2打席連続となる満塁本塁打を放つなど一挙7得点。終わってみれば14‐2の圧勝であった。この後、池田は準決勝の東洋大姫路(兵庫)戦に4‐3で勝利してついに決勝戦へと進出。その決勝戦で再び猛打が炸裂することとなる。

 相手は古豪の広島商だった。池田打線は初回簡単に2死を取られたが、3~5番の3連打で満塁とすると押し出しの四球。さらに下位打線に3連続の適時長短打が飛び出して一気に6点を先取したのである。5回表にも1点を追加すると、続く6回表にはまたも2死無走者から怒濤の7連打が飛び出して一挙、5点。これを畠山の力投で広島商打線に2点しか許さなかった。12‐2の粉砕劇だった。実は池田の蔦監督は過去に春夏の甲子園決勝で2度、惜敗していた。まさに“3度目の正直”で全国の頂点に立ったのである。池田はこの翌年も春優勝、夏はベスト4と、高校野球に一時代を築くこととなる。

(高校野球評論家・上杉純也)=敬称略=

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
4
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
5
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白