芸能

広瀬アリス おくびにも出さない「ヤンキー高校時代」証言

 7月にスタートしたドラマ「探偵が早すぎる」(日本テレビ系)でヒロインを務める広瀬アリス(23)。今をときめく若手女優は、小学6年生で雑誌モデルにスカウトされたあと、静岡と東京を行き来する生活を送っていたが、地元・静岡から過去の「ヤンチャ行状」が聞こえてきた。

 広瀬の自宅近所に住んでいた同世代の男性が明かす。

「今では大人びた色香のある女優として大活躍していますが、『静岡時代』はまったくの別人だったんですよ。小学生の時はいつも日焼けしていて元気な子だった。部活はバスケ部に所属していたのですが、よく野球部に交ざってトレーニングをしていました。髪の毛も短く、精悍な見た目で男の子と勘違いされることも多々あった。僕自身、彼女がモデルにスカウトされたと聞いた時に『スポーツ用品店の広告にでも出るのか』と思ったぐらいです」

 さらには、地元で「腕っぷしが強い」という噂もとどろいていたという。

「小学校では男子とケンカして相手を泣かせたこともありました。中学生以降はすでに雑誌モデルとして活躍していたにもかかわらず、地元のヤンキーグループと仲がよかったので、周囲は彼女自体を“ヤンキー”として認知していた。キャラも今とは違って、木下優樹菜みたいな姉御肌タイプでした」(地元男性)

 広瀬が有名になった今だからこそ、過去のヤンキーエピソードが語りぐさになっているというのだ。

「よく言われているのが、『高校時代、気の弱い男子にパンを買いに行かせていた』『女番長として舎弟を抱えていた』という話ですね。とにかく彼女は女王気質。東京での芸能活動が多くなってからも、静岡には『広瀬アリス親衛隊』と呼ばれるゴツい男が何人かいて、地元で買い物をしている間、ナンパされないようボディーガードの役割を果たしていたのも有名です」(地元男性)

 オトコ遍歴にもそんな女王気質が反映されていたそうで、広瀬の幼なじみの女友達は「昔から真性のドSで、つきあっていたカレシはMっ気たっぷりの男ばかり」と打ち明けるほど。

「実際に今、地元で『広瀬アリスの元カレ』と噂になっている人物もMっぽいイケメンなんですよ。彼女が中学生の時につきあっていたバスケ部の先輩ですね。今は地元の企業で普通に働いていて、彼女のお兄さんとも親しいようです。昨年、交際報道のあったプロバスケットボールの田中大貴選手と顔の雰囲気がかなり似ていて、一目見ると『こういう感じの男が好きなのか』と納得させられますよ。そう思うと、田中選手までがドMに見えてきてしまって」(地元男性)

 ギャップ萌えしそう──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
華村あすか、平成最後の仮面ライダー女優が夏の爽やか水着で魅了!
2
あの「りさお姉さん」が強そうになってる!ガッチリ化にパパたちの涙
3
刺激強すぎ!?森咲智美、犬童美乃梨と「超絶景Gバスト」3番勝負にファン大興奮
4
いまだ和解できず!フジモンとバッファロー吾郎・木村が絶対共演しない理由
5
石川佳純が“極太棒”を手に…思わずニンマリの妄想爆発ショットとは?