スポーツ

「夏の甲子園第40回大会」ダークホースの柳井が山口県勢初V

 甲子園では、大会前にはほぼノーマークだったチームが快進撃を見せ、旋風を巻き起こすことがある。今大会も前評判はさほど高くなかった下関国際(山口)が2012年の宇部鴻城以来6年ぶりに県勢として3回戦進出を果たし、伏兵的存在となっている。

 その山口県勢は夏の選手権でただ1度だけ、全国制覇を果たしたことがある。1958年第40回大会の柳井である。

 今回の下関国際同様に、大会前にはほとんど存在が注目されていなかったが、初戦の札幌商(現・北海学園札幌=北海道)戦でエースの友歳克彦(法大─日本石油)が好投を見せ、2安打完封。打線もミート打法中心の短打を重ねる攻撃で計7安打、2点を挙げ、2‐0で勝利し、波に乗ったのだった。

 続く2回戦の鳥取西戦も接戦となった。試合は3回裏に柳井打線に連打が飛び出し貴重な1点を先制。これを友歳の好投と野手陣の好守で守り切った。友歳の被安打はわずか2本。1‐0の辛勝だった。

 3回戦も宮崎大淀(現・宮崎工)とのシーソーゲームとなった。1回裏に柳井が1点を先取すると4回表に宮崎大淀も1点を取り、同点に。だが、柳井は6回裏に1点、7回裏に2点と短打を重ねて小刻みに追加点を奪っていった。8回表に相手打線の反撃に遭い2点を返されたが、最後は友歳が何とか1点差を守り切り、4‐3で逃げ切ったのだった。

 こうして柳井は苦戦続きながらあれよあれよという間にベスト8へと進出。準々決勝の海南(和歌山)との試合も双方がしのぎを削る白熱した好ゲームとなる。柳井は3回までに3点と、この大会初めて相手にリードを許す劣勢の展開となったが、3~5回にかけて各1点ずつを取り、同点に追いつく。さらに7回裏に集中打で1点を奪い、ついにリードすることに成功。投げては4回以降、海南打線を無得点に封じた友歳の好投で、最後までこの1点のリードを死守したのである。友歳は被安打6の完投勝ち。またも4‐3という辛勝である。だが、3試合連続して1点差試合をものにしたことで、粘りが柳井の本領となっていた。

 この粘りは準決勝の高知商戦でも発揮され、四国の強豪相手に柳井は友歳が好投。投手戦に持ち込んだのである。柳井打線も高知商のエース・森光正吉(元・阪神)の前に7回まで手も足も出ない状態だったが、8回裏に棟居英二に殊勲のタイムリー三塁打が飛び出し、決勝の1点を挙げ、1‐0で勝利。ついに決勝戦へと進出することとなったのだった。

 決勝戦の相手は、この大会5試合で80奪三振の大会記録を打ち立て、超高校級左腕と謳われた板東英二(元・中日)擁する徳島商だった。だが、この日の板東は準々決勝での球史に残る魚津(富山)との延長引き分け再試合の疲れがあったのか、球に球威がなかった。柳井は2回裏に1死からの連続安打と2つの四球、さらに右前適時安打で3点の先制に成功。さらに4回裏に1点、8回裏にも3点を加えて試合を決定づけたのである。柳井の各打者は大振りせず、選球眼も確かで計14安打を放つ猛攻ぶり。投げては友歳が横手からシュート、上手からのカーブを巧みに決め、徳商打線をわずか4安打に抑え込んだ。この大会最後の試合で7‐0と初めて圧勝したのであった。接戦続きだっただけにこの柳井の優勝は“番狂わせの優勝”とも言われたが、バットを短く持って鋭く当てる。バントも確実に決め、点を重ねる。好守で友歳を盛り立てる。まさにチームワークでつかんだ栄光であった。

(高校野球評論家・上杉純也)=敬称略=

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
3
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!
4
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
5
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(3)酒井法子が住居を追い出された?