スポーツ

日大アメフト部・橋詰新監督が直面した不穏すぎる“立命館大への誤解”とは?

 日本大学でまた新たな問題が発覚した。チアリーディング部の大野美幸監督もパワハラで女子部員を追い込んでいたことが判明した。それだけではない。助成金の不正流用や黒い交際が告発された日本ボクシング連盟の山根明前会長を、今年4月からスポーツ科学部の客員教授に招いていたのだ。

山根前会長の件は、問題発覚後の、8月10日に、7日付で解任したことを発表したが、

「女子部員の父母がパワーハラスメントの相談を大学にしています。その際、対応したのが、当時、保健体育審議会のトップでもあったアメフト部元監督の内田正人氏でした。一方、山根前会長を客員教授に決めたのは田中英寿理事長です」(学校関係者)

 日大の問題をきっかけに、大学全体のスポーツ教育までが問われる中、日大アメフト部の新しい監督が決定した。元立命館大学監督の橋詰功氏である。独自の戦法・リッツガンで立命館大を頂点まで導いた手腕に期待が寄せられているが、こんな情報も交錯していた。

「新監督が元立命館と聞き、アメフト部員は眉をひそめました。解任された前コーチの中に立命館出身者がいて、彼らはかなりひどいパワハラを受けてきたからです。『立命館=暴力』の誤解を抱く部員もいます」(前出・学校関係者)

 改善報告書も却下され、秋のリーグ戦には出場できない。橋詰監督は部員たちの信頼関係を築くところからスタートしなければならない。

「関東アメフト学生連盟は、悪質タックルは大学全体の問題だと捉えており、経営陣が刷新されなければ信用しないという方針です」(スポーツ紙記者)

 ちなみに、山根前会長は一度も教壇に立っていなかった。日大の問題はまだまだ続きそうだ。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
綾瀬はるかも関係!?長澤まさみ、「ドラゴン桜」で“下半身見せ”覚悟の裏事情
2
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
水原希子、映画「彼女」でマッパ“馬乗り合体”の「前後スライド」が激艶!
5
有吉&夏目、“バレなかった逢瀬現場”を推察した今田耕司の「意外な着眼点」