女子アナ

宇垣美里アナの可愛すぎる扮装にTBSの抱える闇が見えた!?

 TBSの宇垣美里アナが、最高にキュートなコスチューム扮装を披露だ。8月10~12日に東京・ビッグサイトで開催された「コミケ」(コミックマーケット94)の現場レポートにて宇垣アナが、アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」の人気キャラ・鹿目まどかに扮して登場したもの。8月12日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)で紹介されたその様子について、テレビ誌のライターが解説する。

「コミケの会場で宇垣アナは、暑さのためか髪を一つにまとめるという普段見せることのない姿を披露。宇垣ファンの視聴者はこの時点で『うぉー、可愛い!』と萌えまくっていました。その宇垣アナは、もとよりアニメ好きとあってはしゃぎまくっていましたが、途中で『暑い…さすがに疲れた』と柱を背に座り込む始末。ここで画面はコスプレ広場の映像に移り、『アニメ大好き宇垣アナ27歳が!』とのナレーションに続いて、キャラに扮した宇垣アナが『私まどか!魔法少女になる!』との決めゼリフで多くの視聴者をキュン死にさせたのです」

 ここで宇垣アナが「どうですか?」とスタッフに問うと、「すごく可愛いと思います」という正直な感想が。ところが宇垣アナは「ホントですか?ホントに?思ってないでしょ」と、なぜか陰キャのような反応だ。そして使ってみたい魔法を問われると、「悪を焼き払いたいですね。世の中の理不尽」と即答。前週放送のサンジャポで「私には私の地獄がある」と語り、宇垣アナの抱える“闇”が話題になったことを引き合いに出し、「アナウンサーなんだから、テレビでああいう“闇”とかいうのどうかと思う(って言われる)。知らんし!」と言い放ったのである。

「そんな宇垣アナが広場に登場すると、たちまち彼女の前には長蛇の行列が。多くの参加者が宇垣アナだとは気づかずに『可愛い子がいる!』と列に並んだようです。ここでナレーションは『さすがはグラビアの経験もある女子アナ』と語り、画面には『グラビア経験者』とのテロップが。そんな説明には宇垣アナの可愛らしさを褒めるというより、『あいつは女子アナなのにグラビアまでやるヤツだ』と見下すような雰囲気すら感じられましたね」(前出・テレビ誌ライター)

 単に宇垣アナの可愛らしい扮装を褒めていればいいもの、なぜか斜に構えた評論をブッこんでくる演出には、視聴者からも「むしろTBSの闇を見た、だよ!」といった批判が続出だ。そんな“闇”は後輩女子アナの皮肉めいた感想にも表れていたという。テレビ誌のライターが続ける。

「コミケレポが終わると、進行アシスタントを務める2年目の山本里菜アナが『私も可愛くできると思ってたんですけど、今回は完敗ですね。もう27歳でこの格好が似合うってスゴいですね』とコメント。わざわざ27歳と強調したことに対して司会の爆笑問題・田中裕二も『年齢を言うこと?自分のほうが若いみたいな強調に聞こえなくもないです』と苦言を呈していました。そもそも扮装を楽しむのに年齢など何の関係もなく、30代や40代のレイヤーも何ら珍しくありません。それこそ番組で紹介していた“日本一のコスプレイヤー”ことえなこも山本アナより一つ年上です。それなのにわざわざ宇垣アナの年齢に言及したのは、『いい年こいて調子に乗ってる』という気持ちが露呈したのではないでしょうか」

 こんな具合では、普段からTBSの女子アナがギスギスしているのではと勘繰りたくもなるというものだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
「とにかく恥ずかしかった」太川陽介がブチまける大ヒット曲「Lui-Lui」の「給料7万円アップ」ウラ話
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」