芸能

マツコの番組で炸裂したゲスト・仁支川峰子「演技と素顔のスゴ味」!

 8月2日放送の「アウト×デラックス」(フジテレビ系)に、MCを務めるマツコ・デラックスがあこがれる女優として、仁支川峰子がゲスト出演。マツコがどうしようもなく愛してやまないという、1987年6月公開映画「吉原炎上」で仁支川(当時は西川)演じる小花という花魁が最期を迎えるシーンが放送された。血のように赤い布団がたくさん置いてある部屋の中央で、髪を振り乱して身体をくねらせ、胸をはだけながら喀血し、時に脚を開いて「ここ噛んでぇ~」と絶叫する小花花魁の壮絶な名場面だ。

「40代後半以上の視聴者なら、映画館やテレビ放送で見たことがある人も多いかと思います。しかし、それ以下の年齢の視聴者には、何がすごいのか、マツコがどうして仁支川にあこがれているのか、あのシーンは何を意味しているのか、あまり理解できなかったようですね」(テレビ誌ライター)

 それでも、女の業を感じさせるスゴ味のある演技に対して、ネット上では「トラウマになりそうなほど恐ろしいのに目が離せなかった」などの声が続出した。

「過去に仁支川自身も『日本中のどこに行ってもこの最期のシーンがすごかったって言われるのよ』と言っていましたからね。たとえ小花の最期のシーンが理解できなくても、氷を入れた白ワインをミネラルウォーターかのごとくゴクゴクと飲み、黒い背広を着たいかついお兄さんたちが新幹線で仁支川を見つけると一斉に立ち上がり頭を下げて挨拶をしてくれるという話や、今が輪廻転生の最後の魂だから、死んだら自分の魂は『宇宙に行っちゃう』などとコメントしてスタジオ中を一瞬黙らせたところを見ていれば、仁支川のスゴ味は伝わったのではないかと思います」(前出・テレビ誌ライター)

 この夏、レンタルショップでは「吉原炎上」が貸し出し中ばかりになるかも。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!
4
茂木健一郎、鼻マスク受験生“頑な擁護”で想起される「松本人志とのイザコザ」
5
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント