スポーツ

本田圭佑「プロ野球参入」構想をスッパ抜く!(2)新チーム「本田球団」を結成

 現役続行となった本田だが、当然のようにビジネス面も並行して強い意欲を見せている。

「クラブの買収は、世界各地で展開している『サッカースクール事業』など、他のサッカービジネスとの相乗効果を狙っているのでしょう。そして今、世界展開を目指している新たなビジネスが、スマホアプリを使った『トレーニングのマッチングサービス』なんです。すでにスポーツ庁の委託事業として国のお墨付きをもらっていて、成功の期待が高まっているんですよ」(サッカー関係者)

 本田が世界展開を目指すスマホアプリとは、「レクチャーしてほしい側」と「高い技術を持ったプレーヤー側」を仲介するサービスだというのだが、

「年内のスタートを予定しています。『サッカー少年にハイレベルな技術を教える機会』を作ると同時に『引退した選手の収入源を生み出すシステム』を作るという本田のアイデアです。彼は『サッカー以外のトレーニングもマッチングできるようにする』と明言している」(サッカー関係者)

 本田が発行を予定している仮想通貨、通称『本田通貨』でもサービスが利用できるように構想しているというのだ。

 なんとも壮大な野望だが、本田の覇権欲は果てしなく、大手スポーツマネジメント会社関係者がさらなる一手をこう明かす。

「最近、本田が『ウチの会社でプロ野球球団を持ちたい』と語っているのを直接聞いた人間が周りに何人かいます。もっとも、どこか既存の球団を買収するわけではなく、本田の会社が親会社としての新チーム『本田球団』の結成を計画しているそうなんです」

 現在はタイミングを狙っている状況なのだという。

「彼が参入時期として考えているのは、古田敦也氏らが提唱して話題になっている『16球団拡張』が実現するタイミング。それまでに国内で野球チームを結成して、強豪に育て上げる腹づもりです」(スポーツマネジメント会社関係者)

 もちろん現在、16球団制が実現するメドは立っていない。それでも、本田の「球界参入構想」はあの“お騒がせ大富豪”を巻き込んで着々と進んでいるというから驚くばかりだ。

「同じく球界参入の意向を示しているZOZOTOWNの前澤友作社長(42)とも『どうしたらプロ野球チームを持てるのか』と、たびたび話し合いの機会を持っているんです。今後、タッグを組んで『16球団拡張』を訴えていく可能性が高い」(スポーツマネジメント会社関係者)

 前澤社長といえば、女優・剛力彩芽との交際をおおっぴらにし、“資産4000億円”と豪語する男だ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
不調の阪神タイガースにのしかかる「4人のFA選手」移籍流出問題!大山悠輔が「関西の水が合わない」
2
「メジャーでは通用しない」藤浪晋太郎に日本ハム・新庄剛志監督「獲得に虎視眈々」
3
新庄監督の「狙い」はココに!1軍昇格の日本ハム・清宮幸太郎は「巨人・オコエ瑠偉」になれるか
4
2軍暮らしに急展開!楽天・田中将大⇔中日・ビシエド「電撃トレード再燃」の舞台裏
5
「練習すると風が止む」武田修宏のモテすぎ伝説「広瀬すずの叔母と交際していた」