芸能

ケンコバ、バカリズム…「コンビ芸人がピンになると名役者になる説」は本当?

 現在のバラエティ番組において、元コンビ芸人で今はピン芸人が大活躍を見せている。彼らはここ数年、役者としての活躍もめざましい。ケンドーコバヤシもその1人だ。

「ケンコバは今、NEWS・加藤シゲアキの主演ドラマ『ゼロ 一獲千金ゲーム』(日本テレビ系)に出演中です。芸人デビューは、元ハリガネロック・ユウキロックと組んだ『松口VS小林』でした。解散後、現在は一発ギャグを生業としている村越周司と『モストデンジャラスコンビ』を結成。ふたたび解散して、ピンに転向してケンコバとなって活動中という経緯があるんです」(エンタメ誌ライター)

 同じくドラマ俳優として、さらに脚本家としても大成したバカリズムも、元はコンビ芸人だ。そのコンビ名も“バカリズム”。元相方・松下敏宏が芸能界から引退した際、「バカリズムから脱退」という形を取った。そして、升野英知(バカリズムの本名)が1人でバカリズムを継いだ。芸歴がコンビ時代からカウントされるため、このシステムを発案したのだという。

「元“チュパチャップス”の宮川大輔&星田英利の場合は、そろって役者として成功した珍しいパターンです。“お祭り男”として子ども人気も高い宮川は今年、岩田剛典主演の『崖っぷちホテル!』(日テレ系)にレギュラー出演。星田は、6月に終わったばかりの『宮本から君へ』(テレビ東京系)に出ていて、単発では『そろばん侍 風の市兵衛』(NHK)にも出演しました」(前出・ライター)

 吉本新喜劇の座長で、現在は舌鋒鋭いコメンテーターとして大人気の小藪千豊は、元“ビリジアン”という漫才コンビだ。昨年「陸王」(TBS系)に出演。演技力が高く評価された。

 劇団ひとりの場合は、バカリズムと同じく、書いて演じての二刀流。芸人デビュー時は、元子役だった秋永和彦と“スープレックス”を組んでいた。

 大成した役者系芸人。かつては2人組だったという修業期間が、時を経て花開く礎となっているのかもしれない。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
2
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
3
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
4
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ
5
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場