芸能

松本人志が「動画配信サービス」に活動の場を移すこれだけの予兆!

 お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志と映像配信サービス「Amazon Prime Video」が今秋に新たな企画をスタートさせることを発表し、ファンをザワつかせている。

 密室空間に集められた10人の芸人らによる“笑ってはいけない”サバイバル企画「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」シリーズが好評を博していた松本。コンプライアンスを重視する地上波放送では絶対に実現できないであろう“下腹部出し”や“性表現”、さらにはセット内で小用を足す“放水”シーンなど、過激な演出が含まれる同企画は様々な賛否をもたらす一方で、「Amazonでしか見られない」「よくこんな企画できるな」といったものづくりの限界に挑む姿勢を評価する声もある。

「地上波放送では血気盛んな芸人の暴走や下半身ネタなどをフルに受け入れることのできる番組が激減しているため、今後はお笑いタレントだけでなく、“オトナな事情”を抱えたタレントによる動画配信サービスへの流入が一般的となるかもしれません。すでに元SMAPの香取慎吾や草なぎ剛、さらにはテレビ界からフェードアウト気味なとんねるずの石橋貴明らがそのモデルケースとなっていますが、松本も『水曜日のダウンタウン』(TBS系)では拉致ドッキリの騒動でイエローカードを1枚頂戴している身。何かと制約の多い地上波テレビ番組に、いつ自分から三行半を突きつけてもおかしくはない状況かもしれません」(テレビ誌ライター)

 松本人志と「Amazon Prime Video」による新企画始動の報が届くと、ネット上からも「何だかんだで楽しみにしちゃう自分」「まっちゃんがいなかったらオレの人生の中でテレビを観て笑う回数が今より全然少なかったと思う」といった声が上がり、まだまだ松本の笑いのセンスには一定のニーズがある。

 自由な笑いとそれらを活かす、斜め上な企画を求め続けて30年以上が経つ松本だが、まだまだ挑戦の日々を止めることはなさようだ。

(木村慎吾/写真:パシャ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
加藤綾子「活動休止」で蘇る…女子アナ生活14年を彩った「男7人」との「本当の関係」
3
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
4
広島カープOBが佐々岡監督Bクラス辞任を「バッティングセンター状態だった」酷評
5
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇