芸能

松本人志が「動画配信サービス」に活動の場を移すこれだけの予兆!

 お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志と映像配信サービス「Amazon Prime Video」が今秋に新たな企画をスタートさせることを発表し、ファンをザワつかせている。

 密室空間に集められた10人の芸人らによる“笑ってはいけない”サバイバル企画「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」シリーズが好評を博していた松本。コンプライアンスを重視する地上波放送では絶対に実現できないであろう“下腹部出し”や“性表現”、さらにはセット内で小用を足す“放水”シーンなど、過激な演出が含まれる同企画は様々な賛否をもたらす一方で、「Amazonでしか見られない」「よくこんな企画できるな」といったものづくりの限界に挑む姿勢を評価する声もある。

「地上波放送では血気盛んな芸人の暴走や下半身ネタなどをフルに受け入れることのできる番組が激減しているため、今後はお笑いタレントだけでなく、“オトナな事情”を抱えたタレントによる動画配信サービスへの流入が一般的となるかもしれません。すでに元SMAPの香取慎吾や草なぎ剛、さらにはテレビ界からフェードアウト気味なとんねるずの石橋貴明らがそのモデルケースとなっていますが、松本も『水曜日のダウンタウン』(TBS系)では拉致ドッキリの騒動でイエローカードを1枚頂戴している身。何かと制約の多い地上波テレビ番組に、いつ自分から三行半を突きつけてもおかしくはない状況かもしれません」(テレビ誌ライター)

 松本人志と「Amazon Prime Video」による新企画始動の報が届くと、ネット上からも「何だかんだで楽しみにしちゃう自分」「まっちゃんがいなかったらオレの人生の中でテレビを観て笑う回数が今より全然少なかったと思う」といった声が上がり、まだまだ松本の笑いのセンスには一定のニーズがある。

 自由な笑いとそれらを活かす、斜め上な企画を求め続けて30年以上が経つ松本だが、まだまだ挑戦の日々を止めることはなさようだ。

(木村慎吾/写真:パシャ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!
4
茂木健一郎、鼻マスク受験生“頑な擁護”で想起される「松本人志とのイザコザ」
5
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント