スポーツ

福本豊×江夏豊「プロ野球豪快放談」<「最近の球界」にモノ申す編>(4)勉強不足の配球に問題がある

江夏 菅野もそうだけど、巨人がマツダスタジアムで勝てない。昨年から13連敗を喫したけど、ちょっとこれはひどい。6対0からひっくり返されたりね。ああいう負け方をすると、「またか」と勝てる気がしなくなってくる。

福本 普通は6点差なら、2、3点返されてもスッといってしまうんやけど。「今日は勝ちや」と思ってるのをひっくり返されるのはショックや。カープは若い選手、レギュラー候補が常に競争しているから、試合を最後まで諦めない。

江夏 菅野が勝てないのは配球にも問題があるから。特に小林以外の若い捕手と組んでいる時の配球が‥‥。外角、特にスライダーばっかり投げたがるから。スライダーを生かすには、内角に投げないと。まだまだ勉強不足だ。

福本 菅野に限らず、よく広島打線に手痛いホームランを打たれる。ノムさんは「ホームランはリードで防げる」と言うとった。

江夏 ホームランを打たれるということは、ボールが高いということ。これは捕手より投手の責任。投手が左右のコースに投げるのは、技術がいる。でも低めに投げるのは、技術より気持ち。捕手がいいリードをしても、投手がそこに投げられなければどうしようもない。高校生でも150キロのストレートをスタンドに運ぶ時代。低めに投げてナンボや。

福本 夏の甲子園を見ていても、クリーンアップでなくても簡単にスタンドに放り込むからね。昔なら考えられない。

江夏 変化球は低めにいって変化するということを意識しないと。低めに投げる強い気持ちを持つこと。ブルペンからそういう気持ちで投げ込まないと。キャッチボールだって、低めに投げることが大事。いつも言うのは、キャッチボールの延長がブルペンで、ブルペンの延長がマウンド。それを体で覚えないと、今は150キロ台のボールがあっても、飯は食えない。

福本 野手も練習からバットを強く振っておかないと、ゲームで強く振れない。阪神の若手のように、試合前練習で流し打ちしていてもゲームでは通用しない。ティー打撃もそう。死んだボールは、しっかりガツンとつかまえないと。イチローだって最初は軽く振ってても、最後はマックスで力を入れて打っていた。打つだけでなく、守備や走塁も、練習でできないことは試合でできない。そういう意味でも、広島はしっかり練習している。

江夏 カープは主力だけでなく、それ以外の西川、野間、安部というワンランク下の選手たちの練習態度、姿勢、そしてゲームに挑んだ時のバッターボックスでの感性がすばらしい。打ちたいだけでなく、打つためにどうしたらいいか考えているのが、見ていてわかるわけよ。それと會澤の成長が大きい。捕手としての自信が打撃にも生きている。

福本 広島の3連覇は間違いないやろな。それでも、他の5チームが意地を見せて盛り上げてくれないと。

江夏 今はルールに縛られて、男の戦いが許されない難しい時代。選手もかわいそうな面があるけど、ファンを楽しませる野球を見せてほしいね。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
3
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性