スポーツ

福本豊×江夏豊「プロ野球豪快放談」<「最近の球界」にモノ申す編>(4)勉強不足の配球に問題がある

江夏 菅野もそうだけど、巨人がマツダスタジアムで勝てない。昨年から13連敗を喫したけど、ちょっとこれはひどい。6対0からひっくり返されたりね。ああいう負け方をすると、「またか」と勝てる気がしなくなってくる。

福本 普通は6点差なら、2、3点返されてもスッといってしまうんやけど。「今日は勝ちや」と思ってるのをひっくり返されるのはショックや。カープは若い選手、レギュラー候補が常に競争しているから、試合を最後まで諦めない。

江夏 菅野が勝てないのは配球にも問題があるから。特に小林以外の若い捕手と組んでいる時の配球が‥‥。外角、特にスライダーばっかり投げたがるから。スライダーを生かすには、内角に投げないと。まだまだ勉強不足だ。

福本 菅野に限らず、よく広島打線に手痛いホームランを打たれる。ノムさんは「ホームランはリードで防げる」と言うとった。

江夏 ホームランを打たれるということは、ボールが高いということ。これは捕手より投手の責任。投手が左右のコースに投げるのは、技術がいる。でも低めに投げるのは、技術より気持ち。捕手がいいリードをしても、投手がそこに投げられなければどうしようもない。高校生でも150キロのストレートをスタンドに運ぶ時代。低めに投げてナンボや。

福本 夏の甲子園を見ていても、クリーンアップでなくても簡単にスタンドに放り込むからね。昔なら考えられない。

江夏 変化球は低めにいって変化するということを意識しないと。低めに投げる強い気持ちを持つこと。ブルペンからそういう気持ちで投げ込まないと。キャッチボールだって、低めに投げることが大事。いつも言うのは、キャッチボールの延長がブルペンで、ブルペンの延長がマウンド。それを体で覚えないと、今は150キロ台のボールがあっても、飯は食えない。

福本 野手も練習からバットを強く振っておかないと、ゲームで強く振れない。阪神の若手のように、試合前練習で流し打ちしていてもゲームでは通用しない。ティー打撃もそう。死んだボールは、しっかりガツンとつかまえないと。イチローだって最初は軽く振ってても、最後はマックスで力を入れて打っていた。打つだけでなく、守備や走塁も、練習でできないことは試合でできない。そういう意味でも、広島はしっかり練習している。

江夏 カープは主力だけでなく、それ以外の西川、野間、安部というワンランク下の選手たちの練習態度、姿勢、そしてゲームに挑んだ時のバッターボックスでの感性がすばらしい。打ちたいだけでなく、打つためにどうしたらいいか考えているのが、見ていてわかるわけよ。それと會澤の成長が大きい。捕手としての自信が打撃にも生きている。

福本 広島の3連覇は間違いないやろな。それでも、他の5チームが意地を見せて盛り上げてくれないと。

江夏 今はルールに縛られて、男の戦いが許されない難しい時代。選手もかわいそうな面があるけど、ファンを楽しませる野球を見せてほしいね。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
2
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
3
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
4
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
5
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ