芸能

“政治家”フィフィが力説した「少年法改正の必要性」に共鳴続々

 タレントのフィフィが8月25日、自身のツイッターアカウントを更新し、未成年の犯罪者を匿名で報道しなければならない“少年法”について「何とかしたい」と言及している。

 1989年に東京都足立区綾瀬で起きた女子高生コンクリート詰め殺人事件の加害者の1人が、殺人未遂で再び逮捕されたとの報道を受け、フィフィは〈少年法とかいろいろおかしい、綾瀬女子高生コンクリートで検索すると分かるけど、本当におかしい。私はずっとこの件に関しておかしいと思ってる〉とツイート。当該の加害者は1989年当時には未成年だったために少年法が適用され、匿名での報道となっていた。フィフィは続けて〈だから、もし、仮に私がこの国の議員になるような事があれば真っ先に少年法を何とかしたいし、再犯したこいつらをなんとかして処罰したい。彼女のために。〉と綴り、1989年に被害に遭った当時女子高生だった被害者の無念に思いを巡らせた。

「“もしこの国の議員になったら…”と前置きして、少年法改正への意欲を書き連ねたフィフィに対しては『私もフィフィさんと同意見です』『日本では加害者の人権ばかり尊重されてると思います』『少年法は無くすべき』などの共鳴がリプライ欄を埋め尽くし、ネット上でも『フィフィさんに1票入れます。なぜこういう政治家が現れないんだろう。絶対に投票するのに』『フィフィをもっと地上波で使ってもらいたい』という声が続出。早くも仮の“政治家フィフィ”としてネット上では多くの票数を集めています。弱者に手を差し伸べ、権力者には鋭い物言いを繰り広げてきたフィフィの言動には相変わらず熱烈な支持者がいるようですね」(テレビ誌ライター)

 エジプトの首都カイロに生まれ、2歳の頃にはすでに日本へ移住していたというフィフィ。流暢な日本語から発せられる鋭い持論は時に物議を醸す対象ともなり得るが、“ココが変だよ日本人!”を叫び続ける貴重な存在であることは事実だろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
2
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
3
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
4
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
5
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!