スポーツ

激震プロ野球 セ・パ「監督クビ切り」の嵐(3)DeNA・ラミレス監督は言い訳が恒例行事

 一方、肩叩きの気配を感じ、躍起になって「対抗策」を講じているのが、DeNAのラミレス監督(43)だ。

「旧親会社で今も影響力を残すTBSが主導し、“ハマの番長”三浦大輔氏(44)の次期監督就任が既定路線なんです。昨季はリーグ3位から奇跡的に日本シリーズに出場して評価を高めたラミレス監督ですが、采配が冴えない今季はBクラスが濃厚。契約の切れる今オフに退団することとなるでしょう」(スポーツライター)

 試合前の記者の囲み取材では、ラミレス監督の“言い訳”が恒例行事になっているという。

「『去年好調だったツケが来た』だとか、『今年は運の悪い年だ』など、指揮や采配とは無関係な愚痴に終始し、各記者に『悪いことを書かないでね』と念を押すことも少なくありません」(DeNA番記者)

 要は、責任の所在をズラし、少しでも自分を高く売りたい魂胆なのか。

「三浦新監督の動きはラミレス監督も把握していて、焦っているようです。中でも15年に巡回アドバイザーを務めて縁のあるオリックスには、みずから『次期監督に』と売り込んでいるという話もあります」(DeNA番記者)

 監督更迭の荒波は3球団ばかりではなかった。中日の森繁和監督(63)にも、親会社との「いびつな関係性」がささやかれている。

「そもそも落合博満前GM(64)の監督当時、『落合は取材をまったく受けないし、人気もない』と親会社・中日新聞からのウケが悪かった。森監督は落合氏直系の指揮官ですから、中日新聞側は一刻も早く“落合色”を一掃したいんです。それをヒシヒシと感じている森監督も、囲み取材で中日新聞の記者が質問すると『またお前が質問してんのか』と露骨に嫌な顔をします」(スポーツ紙デスク)

 面倒見がよく親分肌の森監督は、選手からの評判も悪くない。松坂大輔(37)を入団させ、営業面でも功労者であるため、球団内でも支持する関係者は多いのだが‥‥。

 各球団の問題監督は一発逆転を狙っているだろうが、残り試合はあまりにも少ない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
3
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!
4
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(3)酒井法子が住居を追い出された?
5
「HIKAKINも抜いた」米津玄師、“いったいいくら荒稼ぎ?”とネットで大激論!