芸能

太川陽介&蛭子能収出演!「バス旅」後継番組が登場で新コンビは用済み?

 太川陽介と蛭子能収の名コンビによる「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」(テレビ東京系)が終了して1年と8カ月。同番組は現在「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」と名前を変え、田中要次と羽田圭介がバスの旅に挑戦している。だが、新コンビの評判はいまひとつ。

「バス旅ファンの意見は総じて『前コンビのほうがよかった』『つまらなくなった』です。事実、視聴率は2ケタに届かず8%を割ることもある。そのため太川と蛭子のコンビ復活を期待する声は高まるばかりです」(テレビ誌ライター)

 そもそもなぜ太川と蛭子から新コンビに変わったのか。このテレビ誌ライターが解説する。

「最大の理由は蛭子さんの体力が持たなくなったから。バス旅はみなさんご存知のようにバスがない所では歩かないといけません。多い時には10キロ近く歩くこともある。それで蛭子さんが音を上げ、新コンビで若返りを図ったわけです。ただ、局としては太川と蛭子の人気コンビを手放したくなかったようで、バス旅終了後も『いい旅・夢気分スペシャル』で起用しています」

 もちろんファンも2人の復活を望んでいる。そしてそれがついに実現することになった。9月8日の「土曜スペシャル」(テレビ東京系)で「太川・蛭子 ローカル鉄道寄り道の旅」が放送される。

 番組ホームページによると、移動手段をローカル路線バスからローカル鉄道に変え、マドンナも交えて旅をする企画だという。途中下車して名所や名物を探すことで旅の資金を手に入れ、ゴールを目指す。

「バスから鉄道に変えたのはいいアイデアだと思います。鉄道なら路線が途絶えているので歩く、ということはない。いや、途絶えていることもありますが、その間が長すぎて歩くことはできません(笑)。蛭子さんの体力を心配する必要はなくなります。それでいて乗り換えや時刻表の使い方などで太川さんが“旅上手”なところを発揮することができる。見どころいっぱいの番組になることでしょう」(鉄道ライター)

 ファンの期待は高まるばかり。早くもシリーズ化を期待する声があがっている。

「局はシリーズ化する方向で話を進めたのは間違いない。そうなれば気になるのは新コンビのほうの2人。メンバー変更もありそうです」(前出・テレビ誌ライター)

 やはり頼りになるのは太川陽介と蛭子能収の名コンビということか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!
5
後輩芸人に弱気発言も…石橋貴明の“凋落の現場”をスクープ詳報!