芸能

北海道の被災者も勇気づけた!?綾瀬はるか、「ぎぼむす」右肩上がりの“勝因”

 回を重ねるごとに視聴率が伸びている“ぎぼむす”こと、ドラマ「義母と娘のブルース」(TBS系)。9月11日放送の第9回は、平均視聴率が、前回から1.8ポイント増の17.3%と2週連続で自己最高記録を更新し、18日にいよいよ最終回を迎える。どんな展開で締めくくるのか?熱い視線が注がれているが、ネットでは、「綾瀬はるか史上一番のドラマ」といった意見もある。

 人気の秘密について芸能関係者はこう話す。

「放送開始前は、仕事のできるキャリアウーマン役ということで、綾瀬にそれが務まるのか? といった不安の声もありました。ところが、もともと、あまり感情表現を出さない抑えた演技をする綾瀬にとって、今回の役どころは『意外にハマり役だった』と言えそうですね。加えて周囲のキャスティングもうまくいったんでしょう。夫役の竹野内豊や佐藤健君のゆる~い感じが、これまた綾瀬との良いトライアングルになっています。脚本も良かった。もし10年前だったら、真実味のない内容に映ってしまったかもしれませんが、離婚率が上がり、子連れ同士の再婚も増えている昨今では、かなり現実味を帯びた共感できるテーマとなっている。視聴者にとっても、決して他人事ではないようで共感を呼んだんでしょう。先日、震災に見舞われた北海道でも、ぎぼむすの視聴率が札幌地区平均で20%を超える(20.5%)急に上がったことがニュースになるなど、綾瀬のがんばる姿が、被災された人々をも勇気づけているのかもしれません」

「セカチュウ」で注目され、「ヒモノ女子」に「こじらせ女子」など恋愛音痴な役でブレイクし、NHKの大河ドラマや大河ファンタジー、さらにカズオ・イシグロが原作を書いたシリアスな社会問題を扱ったドラマなどにも挑戦。ここ数年は人妻役もこなし、着実に演技の幅を広げている綾瀬だが、

「今回のドラマでさらにひと皮剥けて、石原さとみや新垣結衣といった好感度女優たちの中でも、頭ひとつ抜けた感がありますね。そろそろ艶っぽい役やヒロインではない、いじわる役などもこなして演技派女優へと脱皮してほしいところです」(前出・芸能関係者)と語る。

 最終回も涙が止まらない内容のはず、と噂される。ますます目が離せない。

(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
2
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
3
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…
4
注目はF胸だけじゃない!土屋太鳳、同性人気も集めた“開き直り肌見せ戦略”
5
フリー転身も間近?TBS宇垣美里、先輩・田中みな実を超えた「名艶技」!